爆弾男 (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
爆弾男
ジャンル アクションゲーム
対応機種 MSX
X1
PC-8801
MZ-2000
FM-7
PC6000シリーズ
MZ-700
携帯電話
開発元 ハドソン
発売元 ハドソン
プログラマー 田中裕二
人数 1人
テンプレートを表示

爆弾男』(ばくだんおとこ)は1983年に有限会社ハドソンが発売したパソコン用ゲームソフト。MSXでは『ボンバーマン』の名前で発売された。

概要[編集]

ボンバーマンシリーズの原型となった作品。主人公は迷路に閉じ込められた作業服を着た人間で、ザコキャラは表情が変化するふうせんおばけのみで、倒した時の表情によって得点が異なる。なお、アイテムやドアを爆破するとふうせんおばけが出てくる。

MZ-700ではピクセル単位の表示が出来ておらず、主人公やザコキャラ等のグラフィックが簡略化されている。

勝手に爆弾をセットされるステージもある。

ボンバーマンシリーズとの相違[編集]

世界観・登場キャラクターの関連性がないことを除いても、ボンバーマンシリーズとは相違点が多い。以下、基本的にボンバーマンシリーズにはない爆弾男の特徴をいくつか列挙する。

  • プレイヤーの立ち位置が半マス単位で管理されており、半マスずれたところにも爆弾を置くことができる(爆弾が設置できるマスとプレイヤーの立ち位置が完全に一致する)。ソフトブロックから半分ずれた位置でソフトブロックに当てるとソフトブロックが半壊し、しかも半壊のソフトブロックに爆風を当てると爆風がソフトブロックを貫通する。
  • 「ファイアーアップ」や「ボムアップ」といった、ボンバーマンシリーズに登場するパワーアップアイテムは一切登場しない。その反面、プレイヤーの爆弾数が初期状態でやや多い状態となっている。
  • プレイヤーも敵も常に爆弾をすり抜けることができる。そのため、爆弾で敵を閉じ込めるような戦法は不可であり、もちろん自分を爆弾で閉じ込めてしまうアクシデントも起こり得ない。
  • 敵をすべて倒すだけで自動的にステージクリアとなる。扉は敵の数に関わりなく、ステージを脱出する目的で使用する。また、扉に爆風を当てると扉自体が消滅してしまう

主なスタッフ[編集]

  • PROGRAM:田中裕二(Yuuji Tanaka)
  • GRAPHICS:田中裕二(Yuuji Tanaka)

関連項目[編集]