爆突機銃艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
爆突機銃艇
ジャンル アクションシューティング
対応機種 アーケード (AC)
開発元 ナムコ(源平プロジェクト)
発売元 ナムコ
音楽 中潟憲雄
大久保高嶺
シリーズ バラデュークシリーズ
人数 1 - 2人(交互プレイ)
メディア 業務用基板
稼働時期 日本 1988081988年8月
デバイス 8方向レバー
1ボタン
システム基板 SYSTEM I
CPU MC6809 (@ 1.536 MHz)×2
HD63701 (@ 1.536 MHz)
サウンド MC6809 (@ 1.536 MHz)
YM2151 (@ 3.57958 MHz)
Namco CUS30
DAC
ディスプレイ ラスタースキャン
横モニター
288×224ピクセル
60.61Hz
24ビットRGB
テンプレートを表示

爆突機銃艇』(ばくとつきじゅうてい)は、1988年8月ナムコより稼働されたアーケードアクションシューティングゲーム

バラデューク』(1985年)の続編であり[1]、前作の特徴だったグロテスクな宇宙生物がハード性能の向上に伴い、より大きなキャラクターで描かれている。

2009年Wii用ソフトとしてバーチャルコンソールアーケードにて配信された。

ゲーム内容[編集]

前作からの変更点
  • ショットは右方向にしか打てない。一応前作同様、任意スクロールではあるが、面構成が直線的で幅が乏しい。
  • 主人公やパケットが乗り込む火器の付いた小型艇「機銃艇」が登場。ダメージを受けると宇宙服姿に戻る。
  • 新敵キャラ「ブラックパケット」やカラーカプセル(黄・赤・青・緑)が誕生。
  • ゲーム中のBGMも流れるようになった。
  • ステージによってはルート分岐が存在する。
  • 前作の1Pキャラは「KISSY」であったが、本作の1Pキャラは「TAKKY」(前作の2Pキャラ)になっている。

ストーリー[編集]

数年前、第一次救出隊の活躍によりオクティ族が潜むバラデューク要塞は消滅したと思われた。

しかし、そうではなかった。

最後に与えられた使命、それは凶悪宇宙生命体オクティ族を殲滅する事だ。

移植版[編集]

No. タイトル 発売日 対応機種 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数 備考
1 爆突機銃艇 日本 2009年10月13日[2]
Wii バンナム バンナム ダウンロード
バーチャルコンソールアーケード
- -

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「ビデオゲーム フルリスト」『ザ・ベストゲーム 月刊ゲーメスト7月号増刊』第6巻第7号、新声社、1991年7月1日、 175 - 216頁、 雑誌03660-7。
  2. ^ 佐伯憲司 (2009年8月20日). “バンダイナムコ、バーチャルコンソール アーケードに「爆突機銃艇」、「メルヘンメイズ」など追加20本のタイトルを配信” (日本語). GAME Watch. インプレス. 2019年4月8日閲覧。

関連項目[編集]

  • NAMCO x CAPCOM - トビ・マスヨ&天現寺ひろみの必殺技「爆突機銃艇・全弾発射」として機銃艇が登場する。