片づけられない女たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
片づけられない女たち
Women with Attention Deficit Disorder
著者 サリ・ソルデン
訳者 ニキ・リンコ
発行日 2000年8月
発行元 WAVE出版
ジャンル 神経病学
日本の旗 日本
ページ数 392頁
公式サイト http://www.wave-publishers.co.jp/np/isbn/487290074X/
コード ISBN 487290074X
OCLC 47155055
全国書誌番号:20070332
Portal.svg ウィキポータル 書物
Portal.svg ウィキポータル 教育
Portal.svg ウィキポータル 医学と医療
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

片づけられない女たち』(かたづけられないおんなたち、原題:Women with Attention Deficit Disorder )は、米国のカウンセラーであるサリ・ソルデン (:Sari Solden MS,MFCC) が女性のAD/HD(注意欠陥障害)について書いた著書。

以前は子供のみに見られる障害で、かつ男性が大半を占めると考えられていた[1]AD/HDについて、実際には大人になっても障害が残留して様々な問題を抱えていること[2]、女性特有の問題があることなどを指摘している。

日本語訳本[編集]

日本語の訳本は、2000年8月にニキ・リンコの訳でWAVE出版から発行された。原題は『Women with Attention Deficit Disorder』(「ADDを持つ女性」の意味)であるが、日本で出版するにあたり、『片付けられない女たち』というタイトルがつけられた。一部では、このタイトルのために、ADHDとは片付けられない女性の病気(あるいは性格)のことであるという誤ったイメージが日本中に広まってしまったとの指摘[誰?]も見受けられる。また本書の影響で、発達障害を診療する数少ない医療施設に診断希望者が殺到して混乱を招いているほか、実際には依然としてADHD/ADD患者の大半は男性であるという実態が覆い隠されてしまうという事態が生じている。ただし、女性の場合は多動が目立たない不注意優勢型に分類されることが多く、発見が遅れがちである。よって、認知される人数が少ないことが推測され、実際の発症率の男女差はもっと小さいとする説もある[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ これは「ていた」という過去形ではなく、ADHDの7割以上が男性という事実に変わりはない。
  2. ^ ADHDが未成年特有でないことを指摘しているのは本書に限らない。
  3. ^ ダニエル・エイメン『「わかっているのにできない」脳』

関連項目[編集]