片倉コープアグリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
片倉コープアグリ株式会社
Katakura & Co-op Agri Corporation
種類 株式会社
市場情報
東証1部 4031
1961年10月2日上場
本社所在地 日本の旗 日本
102-0073
東京都千代田区九段北一丁目8番10号
設立 1920年(大正9年)3月14日
(日支肥料株式会社)
業種 化学
法人番号 4010001008665
事業内容 肥料事業
化成品事業
飼料事業
代表者 野村豊(代表取締役社長)
資本金 42億14百万円
売上高 連結:314億31百万円
単体:290億59百万円
(2016年3月期)
純資産 連結:212億41百万円
単体:208億82百万円
(2016年3月31日現在)
総資産 連結:441億68百万円
単体:423億94百万円
(2016年3月31日現在)
従業員数 連結:844人 単体:593人
(2016年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 全国農業協同組合連合会 20.89%
丸紅(株) 20.01%
農林中央金庫 3.39%
(2016年3月31日現在)
主要子会社 大日本産肥(株) 100%
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

片倉コープアグリ株式会社(かたくらコープアグリ、Katakura & Co-op Agri Corporation)は、肥料化成品などの農業用資材等の製造販売を行う会社。旧社名は片倉チッカリン株式会社

概要[編集]

主力の配合肥料・化成肥料・農薬入肥料(コープガード)・育苗用の培養土等肥料の製造販売の他、化成品・発酵飼料化粧品原料・無機素材の製造販売、土壌・堆肥・農作物の分析受託等を行っている。

前身の片倉チッカリンは丸紅系列で、有機肥料のシェアでは大手メーカーの一つであり、また、旧コープケミカル農林中央金庫をはじめ、JAグループの資本を中心とした同業の大手メーカーであり、合併を前に、丸紅・農林中央金庫ともに、相手方に増資して相互に資本提携を行っていた。

2015年10月1日にコープケミカル株式会社を吸収合併し、「片倉コープアグリ株式会社」に商号変更した[1][2]

沿革[編集]

  • 1920年大正9年)3月 片倉製糸紡績株式会社(現在の片倉工業)傘下の養蚕組合への桑園用肥料供給を目的として日支肥料株式会社大分県大分市に設立。
  • 1924年(大正13年)10月 片倉米穀肥料株式会社に改称。
  • 1924年(大正13年)12月 本社を長野県に移転。
  • 1929年昭和4年)6月 本社を東京市に移転。
  • 1943年(昭和18年)11月 片倉化学工業株式会社に改称。
  • 1945年(昭和20年)9月 八洲産業株式会社に改称。
  • 1950年(昭和25年)7月 片倉肥料株式会社に改称。
  • 1953年(昭和28年)11月 東京証券取引所に株式店頭公開。
  • 1957年(昭和32年)11月 日本チッカリン肥料株式会社、昭和肥料工業株式会社を合併し商号を片倉チッカリン株式会社に改称。
  • 1961年(昭和36年)10月 東京証券取引所第2部に上場
  • 1966年(昭和41年)1月 大日本産肥株式会社の株式を取得。
  • 1997年平成9年)9月 東京証券取引所第1部に上場。
  • 2015年(平成27年)10月1日 コープケミカル株式会社を吸収合併し、片倉コープアグリ株式会社に改称。

事業所[編集]

支店・工場[編集]

営業所[編集]

青森(青森県青森市)、静岡(静岡市清水区)、甲信(山梨県笛吹市)、北陸(石川県金沢市)、南近畿(和歌山県紀の川市)、中国(広島市南区)、四国(高知県高知市)、南九州(鹿児島県鹿児島市

関係会社[編集]

連結子会社[編集]

  • 大日本産肥(北九州市門司区)(肥料事業)
  • カタクラフーズ(北海道稚内市)(飼料事業・その他事業)
  • アグリドック(茨城県土浦市)(肥料事業・その他事業)
  • コープ商事物流株式会社(新潟市北区)
  • コープエンジニアリング株式会社(新潟市北区)
  • コープ朝日興産株式会社(秋田県秋田市)
  • 宮古カルサイン株式会社(岩手県宮古市)

脚注[編集]