片倉兼太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「片倉兼太郞」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
かたくら かねたろう
片倉 兼太郞
Kanetaro Katakura I cropped 2 Katakura Seishi Boseki Kabushiki Gaisha Soritsu 20 nen Kinen Shashincho Frame 13.jpg
『片倉製絲紡績株式會社
創立二十年紀念寫真帖』
に掲載された肖像写真[1]
生誕 1850年1月12日
嘉永2年11月29日)
信濃国諏訪郡三沢村(のちの川岸村、現在の長野県岡谷市川岸)
死没 (1917-02-13) 1917年2月13日(67歳没)
職業 実業家資本家
活動期間 1873年 - 1917年
著名な実績 片倉組(現在の片倉工業)設立
肩書き 片倉組組長
後任者 二代目片倉兼太郎
片倉市助

初代 片倉 兼太郞(しょだい かたくら かねたろう、嘉永2年11月29日 / グレゴリオ暦 : 1850年1月12日 - 1917年2月13日)は、日本の実業家資本家である[2][3][4][5]。名の「郞」はJIS X 0208では「郎」と同一の区点が割り当てられていることから、片倉 兼太郎(かたくら かねたろう)とも表記される。

片倉組(現在の片倉工業)を設立、片倉財閥の基礎を築く[2][3][4][5]。兼太郎の名は3代目まで引き継がれたが、本稿では初代のみを扱う。

人物・来歴[編集]

片倉組川岸製糸所

1850年1月12日嘉永2年11月29日)、信濃国諏訪郡三沢村(のちの川岸村、現在の長野県岡谷市川岸)に生まれる[2][3][4][5]。片倉家は豪農であり、兼太郎は、1873年(明治6年)には10人繰りの座繰製糸を開始していたが、満26歳を迎える1876年(明治9年)、父市助(いちすけ)から家督を受け継ぐ[2][3]

1878年(明治11年)、天竜川沿いに32人繰り器械製糸所である垣外製糸所を開設、さらに同年、輸出業の深沢社を設立する[2][3][5]。翌1879年(明治12年)、開明社を尾沢金左衛門、林倉太郎らと設立する[3]。松本製糸所、川岸製糸所も設立している[5]

実弟や従弟とともに一致団結し、利潤を共有財産として、製糸業を拡大[2]、1895年(明治28年)、片倉組を設立、創立組長に就任する[2][4][5]。1903年(明治36年)以降、北海道および朝鮮半島に進出、農場や山林を経営した[2]

1917年(大正6年)2月13日、死去した[2][3][4][5]。満67歳没。

初代の創立した片倉組は、片倉製糸紡績(1920年)を経て片倉工業となり、20世紀半ばには、日本最大とも世界最大ともいわれる製糸企業となった[2][3]

歴代[編集]

  1. 初代
  2. 二代目 - 片倉 佐一(かたくら さいち、1862年 - 1934年)、初代の末弟(四男)、のちの養嗣子、片倉製糸紡績(現在の片倉工業)の創設、片倉館の開設、日東紡績社長、名は宗広(むねひろ)とも
  3. 三代目 - 片倉 脩一(かたくら しゅういち、1884年 - 1947年)、佐一の嗣子(長男)、八十二銀行頭取、全国製糸業組合連合会会長、美篶商会初代社長、貴族院議員

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 片倉製絲紡績考査課編輯『片倉製絲紡績株式會社創立二十年紀念寫真帖』片倉製絲紡績考査課、1941年3月12日
  2. ^ a b c d e f g h i j 片倉兼太郎、朝日日本歴史人物事典、コトバンク、2012年3月15日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h 片倉兼太郎世界大百科事典 第2版、コトバンク、2012年3月15日閲覧。
  4. ^ a b c d e 片倉兼太郎デジタル大辞泉、コトバンク、2012年3月15日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 片倉兼太郎 (初代)、デジタル版 日本人名大辞典+Plus、コトバンク、2012年3月15日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『初代片倉兼太郎君事歴』、足立栗園、如水会、1921年
  • 『片倉製糸紡績株式会社20年誌』、片倉製糸紡績、1941年

関連項目[編集]