片倉景長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
片倉景長
時代 江戸時代前期
生誕 寛永7年4月3日1630年5月14日
死没 延宝9年5月24日1681年7月9日
改名 三之助(幼名)→景長
別名 通称:小十郎
戒名 鳳徳院忠山玄怒居士。のち忠山を逸山と改める
墓所 宮城県白石市の愛宕山廟所
主君 伊達政宗
陸奥仙台藩
氏族 片倉氏
父母 松前安広片倉重長長女・喜佐
片倉重長阿梅
兄弟 景長松前広国、長、夏、鶴、六、吉長、古内義憲、松前為広
古内重広娘・久
蘭、種、藤
於松、弥佐エ門、村長、於彦、於玉、村定
茂庭定元
テンプレートを表示

片倉 景長(かたくら かげなが)は、江戸時代前期の仙台藩国家老白石城主。伊達吉村の外祖父。

生涯[編集]

寛永7年(1630年)、仙台藩士・松前安広の子として誕生。母は片倉重長の長女・喜佐。

外祖父の重長に男子がいなかったため養子となり、重長の死後に家督を継いで国家老となった。

仙台藩のお家騒動である伊達騒動では、国元で幼主・亀千代(伊達綱村)を補佐した。ところが、江戸幕府大老酒井忠清邸で仙台藩家老・原田宗輔が刃傷に及ぶとの報が入ると、景長は直ちに領内に厳戒体制を敷いて領内での混乱を食い止めた。この働きが評価されて、仙台藩は改易を免れることとなった。しかし、病弱であったため、事後処理を終えると間もなく国家老を辞した。

延宝9年(1681年)、死去。

系譜[編集]

  • 父:松前安広(1606-1668)
  • 母:喜佐 - 片倉重長の長女
  • 養父:片倉重長(1585-1659)
  • 養母:阿梅(1599/1604-1682) - 真田信繁の三女
  • 正室:久 - 鑑照院、古内重広の娘
  • 側室:蘭 - 自性院
    • 長男:片倉弥佐エ門 - 早世
    • 次男:片倉村長(1665-1692) - 嗣子となる。
  • 側室:種 - 順照院
    • 三女:於玉 - 片平重冶室
  • 側室:藤 - 常照院
    • 三男:片倉村定(1677-1744) - 遠藤定富の養子となり遠藤定利と称していた。のち片倉家を継ぐ。
  • 生母不明の子女
    • 次女:於彦 - 早世
  • 養子
    • 男子:茂庭定元 - 茂庭良元の三男、のち実家に戻り家督を継ぐ

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]