片塰満則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

片塰 満則かたあま みつのり1964年6月15日[1] - )は、日本コンピュータグラフィック (CG) アニメーションディレクター。山口県岩国市出身[2]ポリゴン・ピクチュアズ所属。元スタジオジブリCG室長[3]

略歴[編集]

中学1年生の頃に観た『宇宙戦艦ヤマト』劇場版よりアニメの魅力を知る[2]岩国高等学校を卒業後、1984年東京芸術大学美術学部デザイン科に入学する[2]

1990年1月、大学を中退し、映像制作会社リンクス[注 1]に中途採用として入社。OVAマクロスプラス』やテレビアニメ『マクロス7』で3DCGセルアニメのマッチングに挑戦する。アニメ監督瀬下寛之は新卒採用として1989年4月より同社に在籍していた[3]

1994年秋、『マクロスプラス』『マクロス7』のために制作した3DCGのデモリールを携え、スタジオジブリでプレゼンを行う[5]。これに興味を持った宮崎駿は、4ヶ月後に短編アニメ『On Your Mark』の3DCGカットをリンクスに直接依頼[5]。それを担当した片塰は1995年にスタジオジブリへ移籍し、新設されたCG制作室の主力スタッフとして『もののけ姫』以降の劇場作品や、三鷹の森ジブリ美術館で上映する短編作品を手がける。『ホーホケキョ となりの山田くん』では水彩画タッチの3DCGに挑戦する[6]

2007年、カシオエンターテイメントへ移籍し、映画『しんぼる』やバラエティ番組『リンカーン』のOPアニメなどを制作。同社の解散後、2010年に瀬下と共に日本の老舗CGスタジオポリゴン・ピクチュアズに入社[7]。『山賊の娘ローニャ』『シドニアの騎士』『亜人』といったテレビシリーズや、『BLAME!』『GODZILLA 怪獣惑星』などの劇場長編作品を手がけ、2Dのキャラクターデザインをセルルックの3DCGで表現している。

職名[編集]

ポリゴン・ピクチュアズの多くの仕事では「造形監督」という職名を用いている。立場的にはデザイナーとCGモデラーの間に立ち、デザイナーの意図を明確にすることで全体の質を高める仕事と説明している[8]、映画制作における美術監督(アートディレクター)の役割に近く[7]、また、ファッションデザインにおけるパタンナーの仕事にも例えている[7]

劇場版『BLAME!』、『Levius -レビウス-』では「ディレクター・オブ・フォトグラフィー(光画監督[9])」、劇場版『シドニアの騎士 あいつむぐほし』では「アートディレクター」とクレジットされている。

作品歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 1982年に「トーヨーリンクス」として設立、1989年に「リンクス」、2000年に「リンクス・デジワークス」へと社名変更し、2010年にIMAGICAに事業統合された[4]

出典[編集]

  1. ^ 『THIS IS ANIMATION THE SELECT マクロスプラス MOVIE EDITION』、小学館、1995年、ISBN 4091015840、70頁。
  2. ^ a b c 片塰満則さんの紹介 - 岩国市(2016年8月29日)
  3. ^ a b TVアニメ『シドニアの騎士』、そのコダワリに迫る記事を「CGWORLD」誌から特別掲載! 第2回はメカデザインに迫ります。 - アフタヌーン公式サイト(2014年6月7日)
  4. ^ 3DCG の夜明け 〜日本のフルCGアニメの未来を探る〜第10回:瀬下寛之氏(監督) - AREA JAPAN、2018年3月29日閲覧。
  5. ^ a b 片塰満則 [@ktmax4] (19 December 2020). "昨日追加されたスタジオジブリ作品場面写真に、ジブリ入社前に担当した『On Your Mark』のCGカットも含まれてました!1994年の秋に、『マクロスプラス』と『マクロス7』のCGカットをまとめたリールを携てジブリに営業に行った4ヶ月後くらいに、宮崎監督直々に発注の電話をいただきました。" (ツイート). Twitterより2020年12月20日閲覧
  6. ^ ポリゴン・ピクチュアズにおける造形監督とは? 片塰満則が語る『亜人』の造形プラン page1/4 - おたぽる(2016年1月20日)
  7. ^ a b c デザイナーとモデラーをつなぐ造形監督という仕事 『シドニアの騎士』造形監督 片塰満則、各話ストーリーボード 森田宏幸(第1回) - AniKo(2015年7月10日)
  8. ^ 劇場アニメ「亜人」での造型監督の仕事 ポリゴン・ピクチュアズ片塰満則氏が紹介@あにつく2015 - アニメ!アニメ!(2015年9月26日)
  9. ^ CGWORLD2017 クリエイティブ カンファレンス ポリゴン・ピクチュアズの光画監督の仕事【ポリゴン・ピクチュアズ】 - CGWORLD(2017年)

関連項目[編集]