片山一道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

片山 一道(かたやま かずみち、1945年11月27日 - )は、日本考古学者京都大学名誉教授。

広島県佐伯郡鹿川村(現能美町)生まれ。1969年京都大学農学部農林生物学科卒業。1974年、同大学院理学研究科動物学専攻博士課程満期退学。1979年「中部日本人の3隔離集団間における血液多型性形質の遺伝的分化」で理学博士1974年大阪医科大学助手、1980年大分医科大学講師となり、1982年に京都大学理学部助教授となって、後には、京都大学霊長類研究所教授、京都大学理学研究科教授を歴任した[1]。2009年定年退任、名誉教授[2]。先史人類学・骨考古学。

著書[編集]

  • 『古人骨は語る 骨考古学ことはじめ』同朋舎出版 1990 のち角川ソフィア文庫
  • 『ポリネシア人 石器時代の遠洋航海者たち』同朋舎出版 1991
  • 『ポリネシア海と空のはざまで』東京大学出版会 1997
  • 『考える足 人はどこから来て、どこへ行くのか』日本経済新聞社 1999
  • 『縄文人と「弥生人」 古人骨の事件簿』昭和堂 2000
  • 『海のモンゴロイド ポリネシア人の祖先をもとめて』吉川弘文館 歴史文化ライブラリー 2002
  • 『古人骨は生きている』2002 角川選書
  • 『骨考古学と身体史観 古人骨から探る日本列島の人びとの歴史』敬文舎 日本歴史私の最新講義 2013
  • 『骨が語る日本人の歴史』2015 ちくま新書

共編著・監修[編集]

  • 『人間史をたどる 自然人類学入門』中橋孝博,土肥直美,五百部裕,斎藤成也共著 朝倉書店 1996
  • 『朝倉世界地理講座 大地と人間の物語 15 オセアニア』熊谷圭知共編 朝倉書店 2010
  • 『骨からわかる日本人の起源 骨考古学から解き明かす日本人の実像』監修 宝島社 別冊宝島 2015

翻訳[編集]

  • フィオレンツォ・ファッキーニ『人類の起源 古人類学入門』監訳 同朋舎出版 1993
  • フィリップ・ホートン『南太平洋の人類誌 クック船長の見た人びと』平凡社 2000
  • ヨラン・ブレンフルト編集代表『人類のあけぼの』大貫良夫監訳,片山編訳 朝倉書店 図説人類の歴史 2005

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』1987年
  2. ^ 京都新聞