片山幹雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

片山 幹雄 (かたやま みきお、男性、1957年(昭和32年)12月12日 - )は、日本の技術者・実業家。日本電産代表取締役副会長執行役員CTO。元 シャープ取締役社長・会長。

※「片」の字は、下の横棒が右につき抜けている。

来歴[編集]

1957年(昭和32年)12月12日、岡山県倉敷市で誕生。岡山県立倉敷青陵高等学校卒業後東京大学工学部に進学[1]

1981年(昭和56年)、シャープ株式会社に入社。父がシャープ第2代社長の佐伯旭と親交があったことが、入社のきっかけとなった。入社時の面接では、工学部出身ながら経営を担当したいとの希望を述べた[2]。技術畑を歩み、1998年(平成10年)10月、液晶事業部長に就任(40歳)。液晶事業の立て直しに成功する。

2003年(平成15年)に取締役、2005年(平成17年)に常務取締役、2006年(平成18年)には代表取締役専務取締役に就任。

2007年(平成19年)4月1日に、代表取締役社長に就任(49歳)。液晶拡大路線により、大型液晶パネルを生産する堺工場を建設。この巨大投資が裏目に出て2009年(平成21年)には上場後初の最終赤字に転落[3]するなど巨額の赤字を計上。シャープはこの拡大路線の失敗により、2012年3月期に3760億、2013年3月期に5453億の赤字を計上する。

2012年(平成24年)4月1日に、代表取締役社長を退任し、代表権のない会長職に就任(54歳)。後任社長は奥田隆司[4]

2014年(平成26年)9月1日に、日本電産株式会社の永守重信社長に口説かれ[5]、顧問として就任。10月1日に副会長執行役員(最高技術責任者)として就任。シャープは8月末をもって退社[6][7]

人物[編集]

趣味はゴルフ座右の銘は「誠意と創意」で、モットーは「技術に限界はなし」。

家族は、妻と2女。

脚注[編集]

  1. ^ 【新春に語る】原点に戻りビジネスチャンス拡大 シャープ・片山幹雄社長 SankeiBiz 2012年1月17日
  2. ^ 「日本電産、シャープ元社長を招聘の狙いは?挫折体験を評価、ポスト永守体制への布石か」
  3. ^ 「特別レポート責任をとって辞めたらどう? シャープをダメにした「三悪人」 相談役 町田勝彦会長 片山幹雄 社長 奥田隆司」2012年10月15日
  4. ^ 代表取締役の異動、社長人事に関するお知らせ - シャープ株式会社 2012年3月14日
  5. ^ 「経営失敗経験」買われたシャープ片山元社長は「日本電産」で再生するか…古巣からは恨み節も「3000人も退職させておいて」 産経新聞 2014年9月3日閲覧
  6. ^ 役員人事のお知らせ - 日本電産株式会社 2014年8月5日
  7. ^ 機構改革および役員等の異動に関するお知らせ - 日本電産株式会社 2014年9月30日


先代:
町田勝彦
シャープ社長
第5代:2007年 - 2012年
次代:
奥田隆司