片岡利明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

片岡 利明(かたおか としあき、1948年6月1日[1]- )は、元東アジア反日武装戦線「狼」メンバー。確定死刑囚。現在の姓は「益永」。東京都出身。

人物[編集]

開成高校から二浪して法政大学文学部史学科に入学。[2]その後、ベトナムに平和を!市民連合に参加し、バプテスト教会改革運動を行なう。全共闘運動を経て、大道寺将司と出会い、東アジア反日武装戦線に参加。自身が関与したグループ「狼」の名づけ親である。1973年4月から職業訓練校機械科爆弾製造に必要な技術知識を身につける。その後、爆弾製造の中心的役割をあたり、三菱重工爆破事件をはじめとする連続企業爆破事件を起こす。1975年5月19日逮捕される。

最高裁において1987年3月24日死刑が確定した。このとき、「人の命のかかった裁判を書類上の"事務"として右から左に片付けてしまう最高裁判事たちの態度に激しい怒りを禁じ得ない」と表明した[3]

死刑執行されていないのは、かつての「狼」メンバーであり、企業爆破に関与した佐々木規夫および大道寺あや子が、日本赤軍が起こした2件のテロ脅迫事件(クアラルンプール事件ダッカ日航機ハイジャック事件)の際、日本赤軍側の要求を呑んだ日本政府による超法規的措置として出獄し、海外において日本赤軍に合流後の消息が不明となっており、裁判が終了していないためとされている。

2019年現在、死刑囚として東京拘置所収監されている[4]

著作[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『反日思想を考える 死刑と天皇制』(軌跡社)P.6
  2. ^ 『爆弾世代の証言』P.82
  3. ^ 『インパクション』第47号、1987年5月25日発行、p.91。
  4. ^ 年報・死刑廃止編集委員会 『死刑と憲法 年報・死刑廃止2016』 インパクト出版会2016年10月10日、212頁。ISBN 978-4755402692。