片岡宏雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
片岡 宏雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府
生年月日 (1936-06-15) 1936年6月15日(82歳)
身長
体重
174 cm
70 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1959年
初出場 1959年
最終出場 1962年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • ヤクルトアトムズ
    ヤクルトスワローズ (1971, 1974 - 1975)

片岡 宏雄(かたおか ひろお、1936年6月15日 - )は、大阪府出身の元プロ野球選手捕手)・コーチ

ヤクルトスワローズ元取締役編成部長。

経歴[編集]

選手時代[編集]

浪華商業高校では捕手として甲子園に3回出場。2年生時の1953年、エース中下悟(法大日本石油)を擁し第25回選抜高等学校野球大会決勝に進むが、加藤昌利のいた洲本高に敗れ準優勝[1]。同年夏の第35回全国高等学校野球選手権大会では準々決勝に進むが、この大会準優勝の土佐高に敗退[2]。翌1954年第26回選抜高等学校野球大会は藤田徳男(全鐘紡)とバッテリーを組み、1回戦は中京商のエース中山俊丈を攻略して辛勝。しかし2回戦では藤田と飯田長姫高光沢毅との投げ合いとなり、0-1で完封負けを喫した[1]。1年後輩のチームメイトに坂崎一彦山本八郎らがいる。

1955年立教大学に進学。1年先輩で「立教三羽ガラス」と呼ばれた杉浦忠長嶋茂雄本屋敷錦吾らとともに活躍し、杉浦の女房役としても有名だった。東京六大学野球リーグでは1957年春季リーグから4回連続優勝。1957年、1958年全日本大学野球選手権大会で優勝。リーグ通算88試合出場、274打数60安打、打率.219、1本塁打。ベストナイン2回。

1959年中日ドラゴンズへ入団。同期入団に江藤愼一板東英二らがいる。吉沢岳男の控え捕手であったが、一軍での出場機会は少なく、1961年国鉄スワローズへ移籍。ここにも根来広光がおり、出番はあまりなかった。1963年に現役引退。

スカウト時代[編集]

引退後は産経新聞夕刊フジの記者を経て、ヤクルトの一軍バッテリーコーチ(1971年, 1974年 - 1975年)を務めた。1972年からヤクルトのスカウトとなる。スカウト時代には若松勉尾花高夫伊東昭光池山隆寛広沢克己古田敦也高津臣吾などをスカウトした。その後は編成部長を歴任した。

1989年のドラフト会議では、同窓・立大野球部の黒須陽一郎に頼み込まれ、渋る当時の監督・野村克也を押し切って3位で縁故指名。しかし、黒須が交渉の結果入団を拒否し、ヤクルトは片岡の縁故指名のお蔭でみすみす上位指名枠を無駄にしてしまった。当の片岡は「キャプテンがこんな人物ではと立教大学硬式野球部とは縁を切り、OB会も退会した」と、黒須と立大にこそ責任があると後々まで主張している[3]

退団翌年の2004年、週刊文春5月13日号で野村との9年間の確執・葛藤を語った。この週刊文春や別の雑誌インタビューでも、野村について「あの人は言う事がコロコロ変わる」と述べている。また、長嶋一茂がプロとして大成できなかった原因の一環に野村の存在があるとも述べ、指導者としての姿勢を批判している。

また、TBSテレビで放送された『ZONE』「洞察・古田敦也」にて、1989年シーズンオフに新監督に就任した野村がドラフト5日前のスカウト会議の場で「眼鏡のキャッチャーは要らん」[4]「全日本のキャッチャーだからといってそんな簡単にプロでは使えない」「高校生捕手を獲ってくれ。わしが育てる」[5]と古田の獲得を否定する発言をした事に対し、片岡は「ムッとした」ものの、片岡自身が古田に対しヤクルト一本に絞り他球団に断りを入れるよう説得していたこともあり「古田との約束を破る事になるのでそれはできない」と喰い下がったことを振り返った。「本当は古田を(くじ引きで外れた野茂英雄の外れ)1位で指名したかった」が、野村の希望でピッチャーの西村龍次が外れ1位に指名され、結局2位での指名となったことを明かしている。

スカウティングの際に重視するのは、「野球に取り組む姿勢」であるという[6]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1959 中日 3 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 .000 .500 .000 .500
1960 13 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1961 国鉄 10 7 7 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1 .286 .286 .286 .571
1962 3 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:4年 29 13 12 0 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 1 0 0 3 1 .167 .231 .167 .397

背番号[編集]

  • 5 (1959年 - 1960年)
  • 26 (1961年 - 1963年)
  • 63 (1971年)
  • 70 (1974年 - 1975年)

関連情報[編集]

著書[編集]

  • 『スカウト物語 神宮の空にはいつも僕の夢があった』(2002年10月:健康ジャーナル社)
  • 『プロ野球スカウトの眼はすべて「節穴」である』(2011年2月:双葉社
  • 『エースの発掘、4番バッターの育て方 - プロ野球スカウトマンのメモ』(2013年9月:ぱる出版)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ 『プロ野球スキャンダル事件史』宝島社 ISBN 978-4-7966-5341-1
  4. ^ ■古田敦也をあえて2位で指名したワケ
  5. ^ 古田敦也「幻に終わった"日本ハム古田"、ヤクルトで平成最強捕手へ」【プロ野球世紀末ブルース】
  6. ^ ザ・プロ野球スカウト いい選手はいい目をしているって、本当です

関連項目[編集]