片岡憲彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
片岡 憲彦
かたおか のりひこ
生年月日 (1954-09-08) 1954年9月8日(64歳)
出生地 愛知県常滑市
出身校 愛知工業大学工学部
所属政党 無所属
公式サイト 片岡憲彦オフィシャルブログ「明るく元気な"とこなめ"」

当選回数 3回
在任期間 2007年12月1日 - 2019年4月25日
テンプレートを表示

片岡 憲彦(かたおか のりひこ、1954年9月8日 - )は、日本政治家。元愛知県常滑市長(3期)。

来歴[編集]

愛知県常滑市出身。1977年(昭和52年)3月、愛知工業大学工学部卒業。同年4月、常滑市役所に採用される。2006年(平成18年)4月、環境経済部商工観光課課長補佐となる。自治労県本部書記長を務める[1]

常滑市長を4期務めた石橋誠晃の引退を受けて、2007年(平成19年)10月に市役所を退職し[2]、同年11月18日に行われた市長選に立候補。石橋を後援会長にした組織力を背景に、前市議の中村勤、元県議の杉江秀一、元市議の山本幸治らとの激戦を勝ち抜き初当選した(片岡7,881票、中村5,009票、杉江4,917票、山本4,909票)[1]。12月1日に市長就任[3]

2011年(平成23年)、再選。2015年(平成27年)、3選。

2019年(平成31年)1月24日、11月の任期満了を待たず辞職して引退する意向を明らかにした。市長選を4月21日の統一地方選挙に前倒しして市議選と同日実施するため。前回選挙の投票率が過去最低の29.19%であったことについて「ショックだった。市長選を統一選に合わせることで、政治に関心を持ってもらう」と記者会見で述べた[4][5]。市長選に際しては自民党県議の伊藤辰矢を後継指名し、伊藤の後援会長に就任した[6]。4月25日に退任[7]

脚注[編集]