片岡正英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

片岡 正英(かたおか まさひで、? - 1818年)は、江戸時代天明年間の儒者。字は子蘭。修姓は岡(岡子蘭)。別名に淀屋重右衛門。梁田蛻巌に師事し、山城国の淀藩に仕えた。片岡芸亭(うんてい)と号し、当時は博識をもって知られた。

著書[編集]

  • 芸香亭漫録
  • 芸亭随筆
  • 岡子蘭詩稿
  • 岡子蘭文集(附録)
  • 法華自我偈鈔

などがある。

京都府伏見区與杼神社には、片岡正英の名が刻まれた石灯籠[1]がある。

脚注[編集]

  1. ^ 江戸期の豪商「淀屋」の歴史に光 伏見・與杼神社の石灯籠に名前