片島港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

片島 港(かたしま みなと、1910年明治43年)4月9日[1][2] - 1996年平成8年)8月1日[1][2])は、日本の労働運動家、実業家政治家衆議院議員

経歴[編集]

宮崎県出身[1][2][3]。1934年(昭和9年)逓信官吏練習所第二部行政科を卒業した[1][2]

郵便局書記補、逓信属、逓信省総務局養成係長、逓信事務官などを歴任[1][2]。その後、全逓(のちの日本郵政公社労働組合)中央執行委員、全国労働組合会議組織部長、官業労働研究所理事などを務めた[1][2]

1947年(昭和22年)4月の第23回衆議院議員総選挙宮崎県第1区から日本社会党公認で出馬して初当選[1][3]第24回第25回総選挙では落選した[4]。1953年(昭和28年)4月の第26回総選挙で再選され[4]、その後、第30回総選挙まで当選し[5]、衆議院議員に通算6期在任した[1][2][3]。この間、衆議院逓信委員長、畑地農業改良促進対策審議会委員、国土総合開発審議会委員、社会党選挙対策副委員長、同九州開発特別委員会副委員長、同軍事基地対策委員長、同代議士会副会長などを務めた[1][2][3]。その後、第31回総選挙に立候補したが次点で落選した[6]

後に、日本通信サービス社長、通信建築研究所社長を務めた[3]

著作[編集]

  • 『社会党員の告白』労働問題研究会、1948年。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『新訂 政治家人名事典』158頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『現代物故者事典 1994~1996』158頁。
  3. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』173-174頁。
  4. ^ a b 『国政選挙総覧 1947-2016』381頁。
  5. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』381-382頁。
  6. ^ 『国政選挙総覧 1947-2016』382頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『現代物故者事典 1994~1996』日外アソシエーツ株式会社、1997年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。
  • 『国政選挙総覧 1947-2016』日外アソシエーツ、2017年。