片平保彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
片平 保彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県
生年月日 (1963-06-09) 1963年6月9日(55歳)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1983年 ドラフト6位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

片平 保彦(かたひら やすひこ、1963年6月9日 - )は、神奈川県出身の元プロ野球選手捕手)。

経歴[編集]

中学生までは投手で、関東大会での優勝経験を持つ。

横浜高校にも投手として入学するも、後にロッテオリオンズへ入団した愛甲猛の球を受けるために捕手へ転向した。在学中には、全国高等学校野球選手権大会神奈川県代表で2度出場。2年生だった1980年には、4番打者として第62回大会の全国制覇に貢献した。早稲田実業との対戦になった決勝では、同校のエース・荒木大輔からタイムリーを放ったことで、荒木の連続無失点記録を44回1/3で止めた。また、3年生だった1981年には、主将としてチームを第63回大会の全国大会に導いている。

高校卒業後に関東学院大学へ進学したが、1982年に中退してから、横浜大洋ホエールズに球団職員扱いの練習生として契約し[1]1983年のドラフトで、同球団の6位指名を受けて、支配下登録選手として正式に入団した。しかし、活躍できず一軍公式戦への出場機会がないまま、1989年に現役を引退。1990年からブルペン捕手に転じた。

大洋が横浜ベイスターズ(横浜)→横浜DeNAベイスターズ(DeNA)に変わってからも、現在に至るまでチームに在籍。鋭く落ちるフォークが持ち味だった佐々木主浩の投球を受け続けるなど、ブルペン捕手として卓越した捕球技術を発揮してきた。ブルペン捕手転向後の1992年に大洋へ入団した三浦大輔からは、2001年から毎年のシーズン前に特注のキャッチャーミットを贈られたり、春季キャンプ前の自主トレーニングへの帯同を認められたりするほど信頼が厚いという[2]

なお、横浜時代の1998年2002年2007年2008年には、一軍のバッテリーコーチ補佐として登録。2009年からブルペン捕手に復帰したが、支配下登録選手としての大洋への入団から30年目に当たる2013年のシーズン終了後に、DeNA球団の意向でユニフォーム生活に終止符を打った。2014年からは、DeNA球団のフロントに転じる[2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 63 (1984年 - 1989年)
  • 98 (1998年 - 2002年、2007年 - 2008年)

脚注[編集]

  1. ^ 片平が契約した当時のNPB球団では、アマチュア球界の有望な選手を「球団職員名義の練習生」として契約してから、ユニフォーム姿による球団所有の施設での練習を認める事例が少なからず見られた(支配下登録選手ではないため他球団との公式戦や練習試合には出場できない)。ただし、往々にしてドラフト会議での指名に向けた囲い込みにつながったことから、NPBでは1992年からこのような練習生契約を禁じている。
  2. ^ a b 大魔神も番長も世話に…片平ブルペン捕手 30年のユニホーム生活に別れ(『スポーツニッポン2013年10月12日付記事)

関連項目[編集]