片桐功敦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

片桐 功敦(かたぎり あつのぶ、1973年 - )は、大阪府堺市生まれの華道家。花道みささぎ流の家系に育ち、24歳で家元襲名。主な代表作に、滋賀県佐川美術館で桜のみを数万本いけた「泉/滝」などがある。

  • 1997年 三代目家元を襲名。
  • 2001年 西行の眠る弘川寺で初個展を開く。
  • 2005年 教室とコラボレート・スペースを兼ねた主水書房を開設。
  • 2007年 BIWAKOビエンナーレ出品。
  • 2008年 写真集『見送り/言葉』刊行。
  • 2015年 南相馬市博物館にて「SACRIFICE - 眠る地層にささげる花」を開催。

作品集[編集]

  • 『見送り/言葉』主水書房、2008年
  • 『シゼンのカケラ』京阪神エルマガジン社、2011年
  • 『Sacrifice 未来に捧ぐ、再生のいけばな』青幻舎、2015年

関連人物[編集]