片貝町 (千葉県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
片貝町
廃止日 1955年3月31日
廃止理由 新設合併
豊海町片貝町鳴浜村九十九里町
現在の自治体 九十九里町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
山武郡
隣接自治体 東金市、豊海町、鳴浜村
片貝町役場
所在地 千葉県山武郡片貝町
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

片貝町(かたかいまち)とは、千葉県山辺郡(のちに山武郡)にかつて存在した町である。現在の九十九里町の中部にあたる。九十九里町の地名として現存する。現在でも九十九里町の行政の中心地となっている。

沿革[編集]

片貝の地名は、紀州加太浦(現在の和歌山県和歌山市加太)の漁民が開いたことに由来する[1]

交通[編集]

鉄道[編集]

上総片貝駅は現在も九十九里鉄道バスの「片貝駅」バス停として現存する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『角川日本地名大辞典 12 千葉県』 247頁

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典編纂委員会 『角川日本地名大辞典 12 千葉県』 角川書店、1991年、ISBN 4-04-001120-1

関連項目[編集]