牛島貞雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
牛島 貞雄
生誕 1876年1月30日
熊本県
死没 (1960-09-01) 1960年9月1日(84歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1893 - 1935
1937 - 1938
最終階級 陸軍中将
除隊後 陸軍司政長官
帝国在郷軍人会副会長
テンプレートを表示

牛島 貞雄(うしじま さだお、1876年明治9年)1月30日[1][2] - 1960年昭和35年)9月1日[1][2])は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴[編集]

熊本県出身[1][2]。牛島義雄の五男として生まれる[1]1893年明治26年)12月、陸軍教導団に入り、1900年11月、陸軍士官学校(12期)を卒業[1][2][3]。翌年6月、歩兵少尉に任官し歩兵第23連隊付となる[1][3]

1904年7月、歩兵第24旅団副官となり日露戦争に出征[1]1906年3月、歩兵第23連隊中隊長となり、歩兵第1連隊中隊長を経て、1912年(大正1年)11月、陸軍大学校(24期)を卒業した[1][2]

1913年5月、参謀本部員となり、歩兵第54連隊大隊長、陸大教官を経て、1921年11月から翌年2月までアメリカ合衆国に出張[1]。帰国後、陸大付となり、歩兵第3連隊長、参謀本部課長などを経て、1930年12月、陸軍少将に昇進し豊予要塞司令官となった[1][2][4]

歩兵第29旅団長、陸大幹事、同校長などを歴任し、1931年8月、陸軍中将に進んだ[1][4]第19師団長を務め、1935年3月、予備役に編入されたが、1937年9月、第18師団長として召集された[1][2][4]。第18師団は第二次上海事変の更なる増援軍として第6師団第114師団とともに第10軍に編入され杭州湾に上陸し中国軍の背後からの攻撃にあたる[2]上海戦の後南京攻略戦に参加、第10軍廃止後は中支那派遣軍隷下となり占領地の治安維持に当たった[要出典]

翌年7月に召集が解除され[4]、以後、陸軍司政長官(フィリピンビサヤ支部長)、帝国在郷軍人会副会長を務めた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『日本陸海軍総合事典』第2版、26頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『日本陸軍将官辞典』123頁。
  3. ^ a b 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』165、168-169頁。
  4. ^ a b c d 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』168-169頁。

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。