牛軛礁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
南沙諸島における南シナ海周辺諸国の実効支配状況

牛軛礁英語:Whitsum Reef、Đá Ba Đầu𥒥𠀧頭)は、南沙諸島ユニオン堆(英語:Union Banks、中国語: 九章群礁)と呼ばれるの中で最大の環礁である。干潮の時に露出し、牛軛のような形をしている。[1]

中華人民共和国が牛軛礁を実効支配しているが、中華民国台湾)、ベトナムフィリピンも主権を主張している。

脚注[編集]

  1. ^ 中国三沙網 - 牛軛礁(中国語)


座標: 北緯9度58分0秒 東経114度39分0秒 / 北緯9.96667度 東経114.65000度 / 9.96667; 114.65000