牛輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

牛 輔(ぎゅう ほ、? - 192年)は、中国後漢末期の武将。董卓の娘婿。

正史の事跡[編集]

姓名 牛輔
時代 後漢時代
生没年 生年不詳 - 192年初平3年)
字・別号 〔不詳〕
出身地 〔不詳〕
職官 中郎将
爵位・号等 -
陣営・所属等 董卓→〔独立勢力〕
家族・一族 義父:董卓

董卓が中央で権力を掌握すると、その姻族ということで重用され、時期は不明だが中郎将に任じられている。初平元年(190年)2月、董卓が献帝を擁して長安に遷都したとき、牛輔は陝に駐屯して東方に備えた。なお、この時に郭汜張済らが牛輔の指揮下に加わっている。

初平3年(192年)正月、牛輔は李・郭汜・張済に命じ中牟朱儁を破らせた。さらに、陳留郡潁川郡の諸県を攻略させ、略奪・殺戮・誘拐を行わせた。

同年4月、董卓が王允らによって殺害された後、董卓の一族であるということで牛輔も討伐の対象とされた。それでも、王允が送り出した李粛率いる討伐軍を撃退するなど、激しく抗戦した。しかし、まもなく配下の部隊が恐慌状態になったため、牛輔は全軍が反乱を起こしたと思い込んでしまった。最後は、城を脱け出し逃亡しようとしたものの、褒賞に目が眩んだ部下の攴胡赤児に裏切られ殺された。

人物像[編集]

牛輔は極端に臆病な人柄で、常日頃から兵士召集の割符を握り締め、さらに刑罰用の斧と斬首台を側に置くことで、自分を励ましていた。また迷信深く、客に会うときはまず人相見に占わせて、反逆の気がないかを判断し、さらに筮竹で吉凶を占わせてから、やっと面会したと言われる。

物語中の牛輔[編集]

小説『三国志演義』でも登場するが、上記の人物像については触れていない。李粛を破った後に呂布の攻撃で大敗したため、李らを見捨て逃げ出そうとしたが、胡赤児(正史の攴胡赤児)に裏切られ殺されている。

参考文献[編集]