牟田弘國

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
牟田 弘國
Muta Preston.PNG
牟田弘國(写真左)
生誕 1910年8月29日
日本の旗 日本 東京府
死没 (1987-06-29) 1987年6月29日(76歳没)
日本の旗 日本 東京都 目黒区
所属組織

大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍

Flag of the Japan Air Self-Defense Force.svg 航空自衛隊
軍歴 1931 - 1945(帝国陸軍)
1954 - 1969(空自)
最終階級 帝國陸軍の階級―襟章―中佐.svg 陸軍中佐(帝国陸軍)
JASDF General insignia (a).svg 統合幕僚会議議長たる空将(空自)
テンプレートを表示

牟田 弘國(むた ひろくに、1910年明治43年)8月29日 - 1987年昭和62年)6月29日)は、日本陸軍軍人航空自衛官最終階級は帝国陸軍では陸軍中佐航空自衛隊では統合幕僚会議議長たる空将明治生まれの最後の将官であった。

経歴[編集]

東京府にて森本重雄の二男として生まれ、牟田寛六海軍大佐の養嗣子となる。東京陸軍幼年学校陸軍士官学校予科を経て陸軍士官学校本科入校。任官後しばらくは兵科騎兵であったが、途中で航空兵に転科し戦闘機操縦者となる。

太平洋戦争開戦当時は新鋭の一式戦「隼」を装備する飛行第59戦隊において編隊長(「牟田編隊」)を務め、南方作戦の各地において飛行第64戦隊と共に大きな戦果を挙げた。後も戦闘隊指揮官として独立飛行第84中隊長・飛行第21戦隊長を歴任し、最終的には第6航空軍隷下の第100飛行団長であった。

戦後は空自に入隊し、第1航空団司令中部航空方面隊司令官・航空総隊司令官等の要職を経て、第6代航空幕僚長に就任。さらには空自出身者初となる第4代統合幕僚会議議長となった。

年譜[編集]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』本紙第8373号(昭和29年11月29日)
  2. ^ 『官報』本紙第16144号(昭和55年11月13日)
  3. ^ 『官報』本紙第18133号(昭和62年7月29日)

参考文献[編集]

関連項目[編集]