牡丹江事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

牡丹江事件(ぼたんこうじけん)は、1945年昭和20年)8月25日[要出典]満州国東満省(現中華人民共和国黒龍江省[要出典]において、東京の乗泉寺信徒からなる国境開拓団の避難民約680人がソ連軍と暴民に襲撃され、多数が虐殺された事件[1]藤原作弥によると、麻山事件葛根廟事件とともに「満洲三大事件」と呼ばれている[1]

脚注 [編集]

  1. ^ a b 「戦後60年 私の中の昭和史」 藤原作弥日本銀行副総裁 日本銀行鳥取事務所開設60周年記念 2005年9月13日(2011年10月26日時点のアーカイブ

関連項目[編集]