牧村一人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
牧村 一人
まきむら かずひと
誕生 (1967-08-19) 1967年8月19日(50歳)
日本の旗 日本千葉県
職業 小説家推理作家
最終学歴 多摩美術大学卒業
活動期間 2006年 -
主な受賞歴 オール讀物推理小説新人賞2006年
松本清張賞2009年
デビュー作 「俺と雌猫のレクイエム」
公式サイト マキムラブログ
テンプレートを表示

牧村 一人(まきむら かずひと、1967年8月19日[1] - )は、日本の小説家・推理作家。千葉県生まれ。多摩美術大学卒業。

2006年、「俺と雌猫のレクイエム」で第45回オール讀物推理小説新人賞を受賞。2009年、『アダマースの饗宴』(応募時のタイトルは「六本木心中」)で第16回松本清張賞を受賞し作家デビュー[2]

作品[編集]

単行本[編集]

  • アダマースの饗宴(2009年7月 文藝春秋
    • 【改題】六本木デッドヒート(2012年12月 文春文庫
  • KIRICO@シブヤ(2011年1月 文藝春秋)
  • ブラッディ・ジュエリーは真夜中に笑う(2012年9月 幻冬舎
  • 君を憶えてる(2014年4月 中央公論新社
  • つぶら、快刀乱麻(2016年10月 文藝春秋)

雑誌掲載短編[編集]

  • 俺と雌猫のレクイエム(文藝春秋『オール讀物』2006年11月号)
  • たかし君のいる部屋(双葉社小説推理』2009年12月号)
  • それも仕事のうち(実業之日本社月刊ジェイ・ノベル』2010年9月号)
  • すべては彼女のため(実業之日本社『月刊ジェイ・ノベル』2012年3月号)
  • 正義の味方じゃなくても(実業之日本社『月刊ジェイ・ノベル』2012年9月号)
  • 犬までなら大丈夫(実業之日本社『月刊ジェイ・ノベル』2013年8月号)
  • タイムカプセルは闇の中(実業之日本社『月刊ジェイ・ノベル』2014年2月号)
  • たぶん、もうすぐ世界は終わる(集英社小説すばる』2014年5月号)

脚注[編集]

  1. ^ 無題: マキムラブログ
  2. ^ 松本賞受賞者一覧