牧葉ユミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
牧葉 ユミ
生誕 (1953-01-31) 1953年1月31日(65歳)
出身地 日本の旗 日本·東京都北区
学歴 目白学園高校卒業
活動期間 1971年 - 1975年
レーベル テイチク徳間音楽工業

牧葉 ユミ(まきば ユミ、1953年1月31日 - )は、1970年代前半に活動した女性歌手。本名は大村由美子(おおむら ゆみこ)。東京都北区出身。

経歴[編集]

目白学園高校卒業。所属事務所はスペースプロ、所属レコード会社はテイチク徳間音楽工業

高校卒業後、OL生活を送るが、ほどなく歌手に転進。1971年7月25日、「冒険」(作詞:北山修、作曲:加藤和彦)でレコードデビューした。この曲は同年、第13回日本レコード大賞作詩賞を受賞している。ボーイッシュな外見と活発なイメージを持った歌手であった。

1973年、サイン会場でたまたま居合わせた、当時中学3年生の相本久美子を直接スカウトし、芸能界入りのきっかけを作った。[要出典]

また、牧葉ユミのシングル楽曲については、オーディション番組『スター誕生!』で、1972年8月に桜田淳子が「見知らぬ世界」を、同年12月に山口百恵が「回転木馬」をそれぞれ歌って合格。奇しくもその後、人気を二分することになる両アイドル誕生のきっかけとなっている。

1975年、相本久美子の移籍と前後して芸能界を引退、所属事務所も解散したという。

作品[編集]

シングル[編集]

  1. 冒険 (1971年7月25日) SN-1155 ※テイチク
    (c/w) バイ・バイ
  2. 見知らぬ世界 (1972年1月)SN-1211
    (c/w) 白銀のかなた
  3. 回転木馬 (1972年6月1日)SN-1254
    (c/w) 次の時代の子のために
  4. 悪魔か天使か (1972年9月)SN-1273
    (c/w) ジプシーのように
  5. 盗賊アリババ (1973年3月1日)SN-1301
    (c/w) 恋のシュッポッポ
  6. さらば想い出よ (1973年7月)SN-1317
    (c/w) 潮騒のなかで
  7. 貝がらの青春 (1973年11月)SN-1339
    (c/w) 運命のままに
  8. 賭け (1974年4月)VA-37 ※DAN(徳間音工) 
    (c/w) 幸せってなあに
  9. 黙って愛して (1974年7月)VA-42
    (c/w) 愛の巣
  10. 酔っぱらってみたい (1976年2月1日)KA-581 ※ミノルフォン(徳間音工)
    (c/w) 夜の足音
  11. 雨の居酒屋 (1976年7月)KA-1013
    (c/w) わすれ旅

アルバム[編集]

オリジナル・アルバム[編集]

  • 『フレッシュ・ポップス』CF-14 テイチク(LPレコード盤)

A面

  1. 回転木馬
  2. 涙はうそつきじゃないの
  3. 明日の世界を美しく
  4. 冒険
  5. 青春のときめき
  6. 見知らぬ世界

B面

  1. 次の時代の子のために
  2. バイ・バイ
  3. 恋のお話し中
  4. 白銀のかなた
  5. 鳥になりたい
  6. 星たちの来る窓

ベスト・アルバム[編集]

  • 『牧葉ユミ ゴールデン☆ベスト』(2012年08月22日)TECE-1124 テイチク(CD)
  1. 冒険
  2. 回転木馬
  3. 見知らぬ世界
  4. 次の時代の子のために
  5. 涙はうそつきじゃない
  6. 悪魔か天使か
  7. 盗賊アリババ
  8. 青春のときめき
  9. 鳥になりたい
  10. さらば思い出よ
  11. 貝がらの青春
  12. 運命のまま
  13. 恋のお話し中
  14. バイ・バイ
  15. 星たちの来る窓
  16. 明日の世界を美しく