牧野幹男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

牧野 幹男(まきの みきお、1926年(大正15年) - 2014年5月30日)は、日本医学者医師医学博士北海道大学)。専門は内科学・臨床病理学。元市立名寄短期大学学長

経歴[編集]

北海道小樽市出身。1950年北海道大学臨時附属医学専門部卒業後、同医学部助手。その後、北海道大学病院助教授。北海道大学医学部教授。1989年北海道大学停年退官。同名誉教授旭川医科大学臨床検査医学講座教授。 1991年旭川医科大学退官。市立名寄短期大学学長に就任。1999年市立名寄短期大学退官。

1956年 北海道大学 医学博士 論文の題は 「ワイラス性疾患の血漿中に存在する発熱物質に関する研究(英文)」[1]

受賞歴[編集]

日本医師会

主要論文[編集]

  • 『酸素電極を用いる"Closing Volume"測定法--Resident gas法の変法』(共同執筆, 臨床病理 24号, 1976年)
  • 『悪性胸・腹水におけるCEA濃度の診断的意義--細胞診との対比』(共同執筆, 臨床病理 29号, 1981年)
  • 『人と寄生虫 : アレルギーとアネルギー』(道北地域研究所年報12号, 1994年)

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 博士論文書誌データベース
先代:
小関隆祺
市立名寄短期大学学長
第8代: 1991年 ‐ 1999年
次代:
七戸長生