牧野弼成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
牧野弼茂
Sukeshige Makino.jpg
時代 江戸時代後期 - 大正時代
生誕 嘉永7年8月23日1854年10月14日
死没 大正13年(1924年6月23日
改名 綾太郎(幼名)、弼茂
官位 従五位下、内匠頭、子爵
幕府 江戸幕府
丹後田辺藩
氏族 牧野氏
父母 父:牧野誠成、母:九鬼隆徳の娘・桂芳院
正室:正親町公董の娘・弥栄
一成、娘

牧野 弼成(まきの すけしげ)は、丹後田辺藩の第10代(最後)の藩主。丹後田辺藩牧野家11代。

経歴[編集]

嘉永7年(1854年)8月23日、第9代藩主牧野誠成の長男として生まれる。明治2年(1869年)に父が死去したため跡を継ぎ、6月に版籍奉還により藩知事となった。このとき、紀伊田辺藩との混同を避けるために、田辺を舞鶴(のちの舞鶴市)と改名している。明治4年(1871年)7月の廃藩置県で藩知事を免官された。後に子爵となる。

1916年(大正5年)2月7日に隠居した[1]。大正13年(1924年)6月23日に死去。享年71。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第1058号、大正5年2月14日。
日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
舞鶴牧野家初代
1884年 - 1916年
次代:
牧野一成