牧野数江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
牧野 数江
時代 幕末明治
生誕 天保2年(1831年)2月
死没 1883年明治16年)7月9日
改名 牧野隼之助、主計、数江
別名 成貫(名)[1]、錦池(号)[2]
幕府 江戸幕府草風隊参謀、蝦夷共和国陸軍奉行添役
主君 徳川慶喜
氏族 清和源氏牧野氏
父母 牧野成之
兄弟 牧野成名

牧野 数江(まきの かずえ、天保2年(1831年)2月 - 1883年明治16年)7月9日)は幕末の軍人、明治時代の画家。江戸幕府旗本として戊辰戦争を戦い、降伏後開拓使画工を務めた。

経歴[編集]

幕府時代[編集]

天保2年(1831年)2月[3]江戸幕府旗本牧野成名の弟として生まれた[4]。幼名は隼之助、後に主計(かずえ)[4]石井潭香に書道を学び、高弟となった[5]

慶応4年(1868年)戊辰戦争が勃発すると、洋式軍隊草風隊参謀として参戦し、4月15日下総国諸川茨城県古河市)で旧幕府脱走隊大鳥圭介と合流し、奥州を転戦した[6]。8月23日耶麻郡桧原福島県北塩原村)の山道で大鳥圭介に馬を貸している[6]

明治元年(1868年)10月五稜郭を占領した際には伝習士官隊軍監を務めた[6]。12月15日入札により陸軍奉行添役となり、明治2年(1869年)2月頃大鳥・ジュール・ブリュネ松前江差の砲台巡見に同行し、4月17日神山東照宮の祭日に丸毛利恒と参拝して書画を認め、26日八幡山で丸毛・津田主計と酒を飲みながら箱館湾海戦を観戦している[7]。5月18日降伏した後、兵部省の下で青森蓮華寺弘前真教寺に幽閉され、10月箱館に戻った[8]

降伏後、名前の字を数江と改めた[6]。明治初年時点の知行地は足立郡小敷谷村埼玉県上尾市[9]

開拓使時代[編集]

1874年(明治7年)3月大鳥圭介が英米留学から帰国して開拓使に着任すると[10]、5月23日東京出張所物産課に絵図写字係として雇われ[11]、7月から11月まで大鳥に従い北海道の炭鉱等を視察し、帰京後「各所見取図」を製作した[12]

1875年(明治8年)1月14日同僚窪田将房と共にベンジャミン・スミス・ライマンの製図補助を命じられ、2月札幌で地質調査に従事した[13]。1875年(明治8年)4月刊『日本北海道山越内石油地方略測之地質及び地理的の図』[14]に名が見える[15]。同年ヘンリー・スミス・マンロー英語版が地図作成に牧野の使用を希望するも、ライマンに断られている[13]

1876年(明治9年)頃帰京して[13]、東京出張所内仮博物場画掛となり、6月頃から若林友恭とトーマス・ブラキストン所蔵鳥類標本の模写に従事し[16]、同時にモルレー・S・デイの測量地図にも携わった[1]。1877年(明治10年)開拓使が道産物による缶詰事業を計画し、化粧紙印刷のため開拓使勧業課と大蔵省紙幣局の間を往復した[17]。1879年(明治12年)頃にはジョサイア・コンドル設計の物産売捌所建設に際し、カーテンやテーブルクロス等の内装に関わった[18][19]

1880年(明治13年)6月19日仮博物場専務外を命じられ、1881年(明治14年)5月21日東京出張所廃止に伴い札幌に転勤となった[20]。開拓使廃止後も残務取扱所に残留し、1882年(明治15年)3月18日解雇となった[20]。1883年(明治16年)7月9日病没した[21]

作品[編集]

「大日本内国勧業博覧会之図・美術館出品之図」
  • 「鹿図」 - リンデン民族学博物館ドイツ語版所蔵[22]
  • 『ポロナイ炭山報告書』[23]
    • 石狩州夕張郡イクシベツ石炭山見取図」 1875年(明治8年)1月
    • 「石狩州夕張郡イクシベツ本流石炭番号表」
    • 「石狩州夕張郡イチキシリ石炭番号表」
    • 「石狩州夕張郡ヌツパラマナイ石炭番号表」
    • 「石狩州ホロナイ石炭番号表」
  • 第1回内国勧業博覧会 1877年(明治10年)[24]
  • 第2回内国勧業博覧会 1881年(明治14年)[24]
    • 「羆図」
    • 「獣類ノ図」
    • 「獺ノ図彩画」
    • 「柳ニ燕ノ図彩画」

住所[編集]

牧野家[編集]

牧野信成九男牧野直成を祖とする[26]。石高は1500石[27]本所相生町三丁目に拝領屋敷があり[27]安政2年(1855年)安政江戸地震では屋敷が全半壊している[28]

脚注[編集]

  1. ^ a b 田島 2003, p. 23.
  2. ^ 三浦 2007, p. 294.
  3. ^ 今村 2003.
  4. ^ a b 三浦 2007, p. 295.
  5. ^ a b 三浦 2007, pp. 294-295.
  6. ^ a b c d 三浦 2007, p. 296.
  7. ^ 三浦 2007, pp. 297-298.
  8. ^ a b 三浦 2007, p. 299.
  9. ^ a b 旧高旧領取調帳データベース”. 旧高旧領取調帳. 国立歴史民俗博物館. 2018年5月16日閲覧。
  10. ^ 三浦 2007, p. 300.
  11. ^ 今村 2003, p. 57.
  12. ^ 三浦 2007, pp. 301-302.
  13. ^ a b c 今村 2003, p. 58.
  14. ^ 日本北海道山越内石油地方略測之地質及び地理的の図”. 北方関係資料総合目録. 北海道大学. 2018年5月16日閲覧。
  15. ^ a b c 三浦 2007, p. 301.
  16. ^ 田島 2003, pp. 15-16.
  17. ^ 今村 2003, pp. 58-59.
  18. ^ 遠藤明久「開拓使物産売捌所の内部意匠(その1) (開拓使物産売捌所の研究・第13報)」、『日本建築学会論文報告集』第175号、日本建築学会1970年9月
  19. ^ 遠藤明久「開拓使物産売捌所の内部意匠(その3) (開拓使物産売捌所の研究・第15報)」、『日本建築学会論文報告集』第179号、日本建築学会、1971年1月
  20. ^ a b 今村 2003, p. 59.
  21. ^ 三浦 2007, p. 303.
  22. ^ 特別展「江戸と明治の華 ―皇室侍医ベルツ博士の眼―」」、『仙台市博物館年報』第36号、仙台市博物館2009年5月
  23. ^ ポロナイ炭山報告書 / 開拓使大鳥圭介早稲田大学図書館古典籍総合データベース
  24. ^ a b c d 三浦 2006, p. 106.
  25. ^ 田島 2003, p. 24.
  26. ^ 寛政重修諸家譜』巻第368。NDLJP:2577379/138
  27. ^ a b c d 小川 1998, p. 2496.
  28. ^ 北原糸子災害の社会像」『1855 安政江戸地震報告書中央防災会議災害教訓の継承に関する専門調査会、2004年3月

参考文献[編集]