牧野昌広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

牧野 昌広(まきの まさひろ、1883年1939年)は、明治時代から昭和時代にかけての日本画家

来歴[編集]

小林清親及び寺崎広業の門人。1883年に本荘市中横町に、お抱え絵師の牧野雪僊の孫として生まれる。本名は昌造。1897年頃、18歳の時に上京して清親に入門する。後に郷里の先輩であった寺崎広業に師事した。昌広は身体が病弱であったため、実力を発揮することができなかった。1939年に東京で没す。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • 吉田漱 『開化期の絵師 清親』 緑園書房、1964年
  • 井上隆明 『秋田書画人伝』 加賀谷書店、1981年