牧野節成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
牧野節成
時代 江戸時代後期
生誕 文化7年3月27日1810年4月30日
死没 文久元年8月29日1861年10月3日
改名 欽次郎(幼名)→節成→清山(法号)
戒名 寛樹院殿顕誉泰道源真清山大居士
墓所 埼玉県鴻巣市本町の勝願寺
官位 従五位下内匠頭山城守河内守
幕府 江戸幕府奏者番大坂加番
主君 徳川家斉家慶
丹後田辺藩
氏族 牧野氏
父母 父:牧野允成、母:田中氏
養父:牧野以成
正室:青山忠裕養女・サダ(観光院、青山幸孝の娘)
誠成、寿松院(松平乗喬正室)、春林院(青山忠敏正室)、立花種恭正室、森川俊方正室

牧野 節成(まきの ときしげ)は、江戸時代後期の大名丹後国田辺藩8代藩主。丹後田辺藩牧野家9代。

略歴[編集]

文化7年(1810年)3月27日、6代藩主・牧野宣成の次男牧野允成の長男として誕生。文政7年(1824年)8月に伯父で7代藩主である牧野以成の養子となり、文政8年(1825年)11月16日に以成が隠居したため家督を継いだ。

文政11年(1828年)2月と天保3年(1832年)2月に大坂加番代を務め、のちには奏者番にも任じられた。藩政では文学の奨励に務めている。嘉永5年(1852年)6月5日、病を理由に家督を長男・誠成に家督を譲って隠居した。

文久元年(1861年)8月29日に江戸で死去。享年52。