牧野英二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

牧野 英二(まきの えいじ、1948年8月9日- )は、日本の哲学研究者。前法政大学教授。龍谷大学安重根東洋平和研究センター客員研究員。[1]

経歴[編集]

静岡県駿東郡清水町出身。1980年法政大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。1990年「カント純粋理性批判の研究」で法政大学文学博士。法政大学文学部助教授、教授。2018年定年退職。日本カント協会会長・日本ディルタイ協会会長・韓国日本近代学会常務理事。社会活動では、埼玉県入間郡毛呂山町および埼玉県毛呂山・越生・鳩山の複数の審査会会長。

著書[編集]

  • 『カント純粋理性批判の研究』法政大学出版局 1989
  • 『遠近法主義の哲学 カントの共通感覚論と理性批判の間』弘文堂 1996
  • 『カントを読む ポストモダニズム以降の批判哲学』岩波セミナーブックス 2003。新装版「岩波人文書セレクション」 2014
  • 『崇高の哲学 情感豊かな理性の構築に向けて』法政大学出版局 《思想・多島海》シリーズ 2007
  • 和辻哲郎の書き込みを見よ! 和辻倫理学の今日的意義』法政大学出版局 2010
  • 『「持続可能性の哲学」への道 ポストコロニアル理性批判と生の地平』法政大学出版局 2013

共編著[編集]

  • 『近世ドイツ哲学論考 カントとヘーゲル浜田義文共編 法政大学出版局 1993
  • 『カント 現代思想としての批判哲学』大橋容一郎中島義道共編 情況出版 1994
  • 『ディルタイと現代 歴史的理性批判の射程』西村晧・舟山俊明共編 法政大学出版局 2001
  • 『カントの「先験的演繹論」』廣松渉野家啓一・松井賢太郎共著 世界書院 2007
  • 『地域とともに ある夫婦の歩み三十年』牧野千歳共著 未知谷 2008
  • 『カントを学ぶ人のために』有福孝岳共編 世界思想社 2012

翻訳[編集]

  • 『カント全集 8・9 判断力批判』岩波書店 1999-2000
  • インゲボルク・マウス『啓蒙の民主制理論 カントとのつながりで』浜田義文共監訳、法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス 1999
  • 『ディルタイ全集 1 精神科学序説〈1〉』編集・校閲 法政大学出版局 2006
  • トム・ロックモア『カントの航跡のなかで 二十世紀の哲学』監訳 斎藤元紀・平井雅人・松井賢太郎・近堂秀訳 法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス 2008
  • 『ディルタイ全集 8 近代ドイツ精神史研究』山本英輔ほか共訳 法政大学出版局 2010

参考[編集]

  • [ISBN 978-4-89642-227-6]