物集和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
物集和子

物集 和子(もずめ かずこ、1888年明治21年)10月 - 1979年昭和54年)7月27日)は、日本小説家掃苔家藤岡 一枝とも[1]。本名は藤浪和。

国学者物集高見の娘で、放射線医学者(慶應義塾大学教授)の藤浪剛一の妻。実兄の物集高量国文学者、姉は同じく小説家の大倉燁子(本名は芳子)。義兄の藤浪鑑は病理学者(京都帝国大学教授)。また、親族に女優の早瀬久美がいる(姉妹の物集千代子の孫)。

経歴[編集]

東京府東京市本郷区駒込千駄木林町(現在の東京都文京区千駄木)出身、跡見高等女学校卒業[1]

二葉亭四迷夏目漱石に師事し、1910年(明治43年)、『ホトトギス』7月号に「かんざし」を発表した。翌1911年(明治44年)、平塚らいてう・保持研子・中野初子・木内錠子と共に青鞜社を結成したが、当初は平塚の同級生であった和子の姉・芳子が参加する予定だったところ、外交官との結婚が決まったために急遽辞退し、自分の代わりに妹の和子を紹介したという経緯がある。青鞜社は物集家に事務所を置いて同年9月に『青鞜』誌を創刊、和子は以後同誌に「七夕夜」「お葉」などを発表した。しかし1913年大正2年)4月に、文部省の提唱する良妻賢母理念にそぐわないとの理由により、青鞜社が官憲の家宅捜索を受け、『青鞜』2月号が発禁とされた。このことで父・高見の怒りを買った和子は、表向きは前年1月に継母が死去したことを理由として女性解放運動から脱退した。以後は「藤岡一枝」の名で「おきみ」などの作品を書いたが、後年、青鞜社時代のことを聞かれても「私は脱落者だから、その話をするのは嫌です」と語りたがらなかったという[2]

藤浪剛一と結婚した後は、聾教育振興会婦人部常任幹事として障害者教育に貢献した。また、趣味人の剛一は偉人や著名人の墓を訪ね歩く掃苔活動を好み、同好団体の東京名墓顕彰会を設立したほどであったが[3]、和子も同会の機関誌『掃苔』の編集を手伝ううちに影響され、掃苔に没頭していった[4][5]。特に1934年(昭和9年)からは家事の合間を縫って東京の諸寺院を巡るようになり、各故人の墓を調査して記録を整理し、『掃苔』誌上に連載発表を継続的に行い、1940年(昭和15年)にはそれらをまとめた『東京掃苔録』を出版した[5]。同書は593寺・2477名を収録しており、以後も再版が繰り返されている名著である[6][7]

1942年(昭和17年)に夫と死別し、戦後は姉・芳子と同居した[3]。晩年は習字教室を開いて生計を立てていた[3]

1979年(昭和54年)7月27日心不全により世田谷区特別養護老人ホーム「さつき荘」において90歳で死去した[8]。法名は「華香院釈尼妙和」[3][9]。墓所は日泰寺愛知県名古屋市千種区)と多磨霊園東京都府中市)にある[3][9][10]

著書[編集]

  • 『東京掃苔録』(1940年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 藤浪和子 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」 コトバンク
  2. ^ 森 2004, p. 75.
  3. ^ a b c d e 森 2004, p. 77.
  4. ^ 読売新聞 1938, p. 2.
  5. ^ a b 読売新聞 1940, p. 7.
  6. ^ 『東京の墓地・霊園』の巻 - 東京都立図書館、2019年7月7日閲覧。
  7. ^ 1973年、八木書店から1982年、『続日本史籍協会叢書』として東京大学出版会から2000年、『日本人物情報大系 第57巻』に収録、皓星社から、2019年7月7日閲覧。
  8. ^ 『読売新聞』1979年7月30日朝刊、23面の訃報より
  9. ^ a b 佐藤 2019, p. 55.
  10. ^ 物集和子 歴史が眠る多磨霊園、2019年7月7日閲覧。

参考文献[編集]

  • 読売新聞 (1938年10月8日). “自慢一ト色 お墓 藤浪和子氏(談)”. 読売新聞 夕刊 (読売新聞社): p. 2 
  • 読売新聞 (1940年6月7日). “人の墓、浄めて六年 藤浪博士夫人の「東京掃苔録」上梓”. 読売新聞 朝刊 (読売新聞社): p. 7 
  • 森, まゆみ「大正快女伝 35 物集和子 おだやかな掃苔の日々」『本の話』第10巻第7号、文藝春秋、2004年7月1日、 74-77頁、 NAID 40006296424
  • 佐藤, 康智「東京掃苔録々」『望星』第50巻第11号、東海教育研究所、2019年10月15日、 50-55頁、 ISSN 02889862NAID 40022047397

関連項目[編集]