特呂二号原動機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
秋水に搭載された、特呂二号。外見はMe163等に搭載される、HWK 109-509のエンジンに酷似している。後ろには切り離し式の車輪も写真も見える。
特呂二号 (英語でToka Ru II)

特呂二号(KR10)とは秋水の原動機で高温ヴァルター機関である。KRは「くすり(薬、薬液)ロケット」の頭文字である。

概要[編集]

ドイツから戦略物資の見返りとして伊29潜で運ばれシンガポールで降りた技術者が空路持ち帰ったHWK 109-509の部分的な資料を参考に開発された。

濃度80%の過酸化水素から構成される甲液を酸化剤に、メタノール57%/水化ヒドラジン37%/水13%の乙液を混合させる事により化学反応をさせるというシステムである。(ドイツはT液C液)。また安定剤兼反応促進剤として甲液にはオキシキノリンとピロ燐酸ソーダを、乙液に銅シアン化カリウムが加えられた。混ぜるだけで反応する自己着火性推進剤で安定した燃焼のためには一定比率(重量比10:3.6)で混合する必要があった。推進剤噴射装置には後年、アポロ計画月着陸機月着陸船用下降エンジンで使用されたピントル式噴射装置と同じ原理で作動する噴射装置が使用されていた[1]

1945年6月に完成した。

仕様[編集]

一般的特性

構成要素

性能

  • 推力: 1,500 kgf (15 kN)
  • タービン入口温度: * 比推力 215秒
    • 燃焼時間 300秒
    • 燃焼室圧力 20kgf/cm2
  • 出力重量比:


保存[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 牧野育雄 『最終決戦兵器「秋水」設計者の回想 未発表資料により解明する究極のメカニズム光人社2006年ISBN 9784769812838。
  2. ^ 三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所史料室
  3. ^ 秋水のロケットエンジンノズルを展示

参考文献[編集]

  • 藤平右近 海軍技術少佐『機密兵器の全貌 わが軍事科学技術の真相と反省(II) ロケットエンジンと局地戦闘機「秋水」の試作より進発』(興発社、1952年)
  • 松岡久光『日本初のロケット戦闘機「秋水」 液体ロケットエンジン機の誕生』(三樹書房、2004年) ISBN 4-89522-392-2
  • こがしゅうと (2016年5月). “アナタノ知ラナイ兵器「秋水 第一回」”. スケールアヴィエーション (大日本絵画): 40-41.