特殊救難隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
第三管区海上保安本部羽田特殊救難基地
 
AS.332からラペリング降下する隊員

特殊救難隊(とくしゅきゅうなんたい、英語: Special Rescue Team, SRT)とは、海上保安庁が特殊な海難に対応するために編成している専門部隊[1][2][3][4][3][5]第三管区海上保安本部羽田特殊救難基地[1]において、 6個隊(統括隊長を含めて計37名) で編成されており[6]、要請があれば航空機で全国の現場に飛び[6]、船舶火災、海上での毒物劇物の流出[2]、転覆船の捜索・救助ヘリコプターによる救助など高度で専門的な知識・技術を必要とする特殊海難に対応する[6]

来歴[編集]

1974年11月に発生したLPGタンカー第十雄洋丸と貨物船パシフィック・アレス号の衝突事故(第十雄洋丸事件)を契機に、東京消防庁特別救助隊等から教育・研修を受けて、特殊救難隊として、1975年(昭和50年)10月に創設された[7][3]。第三管区海上保安本部警備救難部救難課内であり、当初人員は5名であった[3][8]。その後、1986年(昭和61年)4月には救難課から独立し、統括組織として羽田特殊救難基地が設置された[8]

編制[編集]

組織[編集]

上記の通り、現在では、第三管区海上保安本部事務所として特殊救難基地が設置されており[1]、その隷下に6隊の特殊救難隊が所属している[9]羽田空港内の羽田航空基地(北緯35度33分27秒 東経139度45分17秒 / 北緯35.55750度 東経139.75472度 / 35.55750; 139.75472 (羽田航空基地))に隣接した二階建ての建物が基地の所在地になっている(北緯35度33分29秒 東経139度45分17秒 / 北緯35.55806度 東経139.75472度 / 35.55806; 139.75472 (特殊救難基地))。

特殊救難基地の組織は、指揮官として基地長がおり[7][10]、次長・専門官・管理係長が置かれ、実働部隊として、統括隊長1名の下、それぞれ6名(隊長1名・副隊長1名・隊員4名(火災、危険物担当・レンジャー担当・潜水担当・救急担当(救急救命士))の隊員からなる、第一特殊救難隊から第六特殊救難隊の6個隊(統括隊長を含めて計37名)が編成されている[8]。任期は5〜6年であり、隊員は各管区で行われる「競技会」にて優秀な成績を収めた救難強化巡視船潜水指定船に乗船している潜水士から選抜され、約7ヶ月間の新人教育を終えた後、各隊に配属される。隊の能力の均一化を図る目的で年1回、第一隊〜第六隊の隊長及び基地長を交えて隊員の入れ替え(通称「ドラフト会議」)が行われる[11]

各隊に最低一名の救急救命士が配置され[3]、メディカルコントロールにより長時間の搬送が強いられる洋上救急において特定行為が実施できる体制を整えている。また、隊員は消防機関における救急標準過程(総務省消防庁資格)を取得し緊急避難としての応急処置を実施するか、民間の2年制救急救命士養成施設である国際医療福祉専門学校(千葉市)あるいは湘央生命科学技術専門学校にて救急救命士国家試験受験資格を取得している(救急救命士は厚生労働省資格)。

非常に特殊で危険な任務を負う仕事であるが、隊員には1975年(昭和50年)の創設以来1人も殉職者はでていないことを誇りにしている[12]

所掌[編集]

組織上は第三管区海上保安本部に属してはいるが、出動管区に限定は無く、通常の各巡視船の装備・人員では対応が難しい特殊な海難(船舶火災、毒物劇物の流出、転覆・沈没船からの救助)が発生した場合、各管区海上保安本部からの出場要請に基づいて航空機ヘリコプターなどを乗り継いで現場海域へ急行する。船舶火災の消火、危険物が流出している現場での救難、転覆船に潜り込んでの要救助者捜索及び救助、ヘリコプターから降下しての人命救助など、高度で専門的な知識や技能を必要とする特殊海難に対応している。

このように広域に出動するため、羽田特殊救難基地と羽田航空基地は、建物は別だが同じ敷地内にあり、海上保安庁で最大のヘリコプターである、エアバス・ヘリコプターズ EC 225「MH691 わかわし1号」「MH692 わかわし2号」の2機やガルフストリーム V「LAJ500 うみわし1号」「LAJ501 うみわし2号」の2機の小型ジェット機等が配備されている。現在では、本部隊と機動救難士とで管轄海域を分担することで、北海道の北側と日本海側の一部を除く日本各地の沿岸に、ヘリコプターでおおむね1時間以内に救難要員を投入できる体制が整備されている[13]

また、基地の隊員は国内の海難救助以外でも海外で大規模災害が発生した際には、他の管区の機動救難士や潜水士も含めて国際緊急援助隊救助チーム(消防庁警察庁、海上保安庁ほか)の一員となり、世界中の被災した地域に派遣されることがある。2011年、ニュージーランドで発生したカンタベリー地震の災害に際し、クライストチャーチにも派遣されている[14]

広報活動[編集]

海上保安庁は特殊救難隊の広報活動に力を入れており、同隊の活躍を描いたマンガ「トッキュー!!」(週刊少年マガジン)に取材協力している。2006年11月2日放送の「プロフェッショナル 仕事の流儀」(NHK)で6隊隊長の寺門嘉之(当時)が特集された。

沿革[編集]

  • 1974年11月:第十雄洋丸事件発生
  • 1975年10月:特殊救難隊発足。隊員5名[8]
  • 1986年4月:羽田特殊救難基地設置[8]
  • 2003年 : 隊員総勢36名体制
  • 2005年 : 出動件数3000件
  • 2011年 : 東日本大震災にて孤立住民の救助、患者の搬送など
  • 2011年 : 出動件数4000件
  • 2015年 : 特殊救難隊40周年
  • 2017年 : 出動件数5000件[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c 海上保安庁組織規則(平成13年国土交通省令第4号)第118条、第119条及び別表第9”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2019年6月28日). 2020年1月21日閲覧。 第百十九条「9 特殊救難基地の名称及び位置は、別表第九のとおりとする」「別表第九(特殊救難基地)名称:羽田特殊救難基地」
  2. ^ a b 海上保安レポート2010 救難のスペシャリスト
  3. ^ a b c d e 海人社 2009, p. 62
  4. ^ 平成27年台風第18号等に係る関係省庁災害対策会議(第3回)平成27年9月11日 における使用例
  5. ^ a b 海上保安レポート2017 海上保安庁の救助・救急体制
  6. ^ a b c 2010‐03‐20 朝日新聞 朝刊 宮城全県 1地方
  7. ^ a b 第7回(平成6年)「人事院総裁賞」職域グループ部門受賞者
  8. ^ a b c d e 特殊救難隊40周年機動防除隊20周年,海上保安庁
  9. ^ 第三管区海上保安本部. “全国展開する機動力”. 2020年9月10日閲覧。
  10. ^ 国立印刷局官報検索 (2011/04/14: 羽田特殊救難基地 基地長転任)
  11. ^ ““海猿”特殊救難隊レポート”. 海上保安新聞. (2014年8月28日). http://blog.canpan.info/kaiho-shinbun/archive/71 
  12. ^ 海上保安庁:伝説の「海猿」が定年 特救隊の基礎築く”. 毎日新聞. 毎日新聞社 (2015年3月14日). 2015年11月15日閲覧。
  13. ^ 米田 2019.
  14. ^ 「国際緊急援助隊救助チームニュージーランド南島に派遣」,海上保安レポート2011

参考文献[編集]

  • 海人社編「海上保安庁のすべて」『世界の艦船』第714号、海人社、2009年11月、 NAID 40016812500
  • 米田, 堅持「海上保安庁のスペシャリストたち」『世界の艦船』第902号、海人社、2019年6月、 160-167頁、 NAID 40021918394

関連項目[編集]