特殊点法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

特殊点法(とくしゅてんほう, Special point method):k点のサンプリングの方法の一つ。

ブリュアンゾーン(BZ)積分のための求積法である。逆格子、BZの刻みなどに依存する既約ブリュアンゾーン内のサンプリング点(特殊点)\vec{k}_{i}と重み\omega_{i}の組が与えられて、BZ積分は近似的に

 \int_{BZ}f(\vec{k})d\vec{k}=\sum_{i}\omega_{i}f(\vec{k}_i)

のように重みと特殊点での関数値の積の和として求まる。特殊点の選び方には、Monkhorst-Pack法とよばれる空間群の対称性を考慮した方法がよく用いられる。

他のBZ積分の数値計算法としてはテトラヘドロン法がある。

参考文献[編集]

  • D. J. Chadi and M. L. Cohen, Phys. Rev. B 7 (1973) 692.
  • A. Baldereschi, Phys. Rev. B 7 (1973) 5212.
  • H. J. Monkhorst and J. D. Pack, Phys. Rev. B 13,5188 (1976).

関連項目[編集]