犬のためのぶよぶよとした前奏曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

犬のためのぶよぶよとした前奏曲』(Préludes flasques <pour un chien>)はエリック・サティピアノ独奏曲。

奇妙な題名を好むサティの作品の中でも、特に奇抜なタイトルを冠している。この奇妙な題曲は、題名によって作品を判断しようとする人々への皮肉、または警告とされる。実際の楽曲は無駄を嫌う作曲者らしい、引き締まった筆致で書かれている。1912年に作曲された。

全体は次の4曲からなる。

  • 第1曲「内奥の声」
    「真面目に、しかし涙なしに」と指示されたコラール
  • 第2曲「犬儒派牧歌
    「深い愛情を込めて」と記された2声のインヴェンション
  • 第3曲「犬の歌」
    「静かに、手間取らずに」と記されている。
  • 第4曲「友情をもって」
    唯一何の指示もない、ソナタ形式の小曲。

関連作品[編集]