犬のためのぶよぶよとした本当の前奏曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

犬のためのぶよぶよとした本当の前奏曲』(Véritables préludes flasques <pour un chien>) は、エリック・サティが作曲したピアノ独奏曲。タイトルは『犬のための本当にぶよぶよした前奏曲』や『犬のためのしまりのない真正な前奏曲』などと表記される。

概要[編集]

1912年に作曲された『犬のためのぶよぶよとした前奏曲』をデュラン社に持ち込んで出版をしようとしたが、出版を拒否され、サティは今度こそ「本当の」前奏曲だという意図を込めて『犬のための本当にぶよぶよとした前奏曲』を同年に作曲し、デュラン社に持ち込んだという。

タイトルの「ぶよぶよとした」は、当時のドビュッシーの亜流の作曲家への皮肉を込めた言葉であると考えられている。

構成[編集]

全3曲から成り、演奏時間は約2分。

  • 第1曲 きつい叱責
  • 第2曲 家に一人
  • 第3曲 お遊び

トッカータ風の第1曲などは、バロック音楽のパロディとも考えられる。

関連作品[編集]