犬塚氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

犬塚氏(いぬづかし)は、筑後宇都宮氏族で蒲池氏の庶流。

当初は筑後国三潴郡犬塚郷(現在の福岡県大木町)を本拠としていたが、明応年間に犬塚家貞が肥前国神埼郡蒲田郷に崎村城を築いた。その後、蒲池氏から独立して少弐氏部将となった。家貞の長男の家直は崎村城主(東犬塚氏)、次男の家重は蒲田江城主(西犬塚氏)、三男の家種は家直の補佐役および西牟田氏の祖、四男の家久は直鳥城主、五男の家喜は古賀館主となった。

永禄12年(1569年)に大友義鎮龍造寺氏を攻撃した際、﨑村城の鎮直は龍造寺氏、蒲田江城の尚重は大友氏に味方して相争い、共に戦死した。その後、龍造寺隆信は鎮直の遺子・家広に300町の領地を与えた。元亀3年(1572年)に家広は三根郡に移封され、龍造寺家臣となった。天正4年(1576年)の龍造寺氏の横澤城攻めには犬塚鎮家が先陣を務めた(『肥陽軍記』)。

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係。
蒲池義久
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
繁久 今村大隅 犬塚家貞 酒見泰秀 城島親房
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家直(東犬塚家) 家重(西犬塚家) 西牟田家種 家久(直鳥家) 家喜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鑑直 鑑定 元重 家清 種久 氏鎮
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鎮直 尚重 尚家 鎮家 家昌 家重
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家広 家清 茂続 鎮尚 増盛 家常 茂盛 久直 正盛 盛弘 家続
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
虎次 貞正 茂貞 茂尚 盛秀 房盛 家長
 
 
 
弘盛

参考文献[編集]