犬飼石仏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
犬飼石仏

犬飼石仏(いぬかいせきぶつ)は、大分県豊後大野市犬飼町田原の渡無瀬(となせ)にある平安時代後期から鎌倉時代磨崖仏である。国の史跡1924年1月22日指定)に指定されている。

高さ約3.8メートルの不動明王像を中尊とし、左右に矜羯羅童子制吒迦童子を従えた不動三尊が、凝灰岩の岩壁に抉られた龕の中に丸彫りに近い半肉彫りで彫り出されている。不動明王は結跏趺坐し両足の裏を見せている。像はわずかではあるが朱色の彩色の痕跡をとどめている。

関連項目[編集]

座標: 北緯33度3分11.25秒 東経131度37分54.67秒 / 北緯33.0531250度 東経131.6318528度 / 33.0531250; 131.6318528