犯人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

犯人(はんにん)とは、によって禁じられ国家刑罰を科す根拠となる事実行為を行った人物のこと。

概要[編集]

法治国家に住む社会人においては、を守ることが権利享受するための前提条件となる。つまり、を守れない者については法治国家の敵となるため、国家公権力を使って権利を剥奪することになる。から逸脱した行為を防ぐ必要があるため、犯人が法律を知らなかったり、犯人の無意識下で行ったことであっても、を犯す行為があれば看過されない(に問われる)事が殆どである。特に凶悪犯罪の場合、犯人を野放しすることは治安秩序維持の観点から問題視されるため、治安機関は犯人を摘発して裁判公判)にかけることに全力を尽くす。公判有罪判決が出た場合、犯人はから逸脱した人物である事が確定するため、刑務所に送って自由を奪い、社会から隔離した環境で社会秩序を厳しく叩き込んで更生させる措置が取られる。但し、逸脱が酷い場合は公権力によっても更正が不可能になり、犯人を生涯の全てにおいて社会から隔離したり、犯人を殺害する場合もある。

現実世界では未解決事件における正体不明の犯罪者に対して、犯罪者自身の犯行予告から犯行声明メディア等の呼称から、犯人名が呼称されることがある。

ミステリーの世界では、登場人物から犯人を推理するジャンルにおいて、探偵役が犯人を言い当てる前に、読者が犯人を推理することが最大の醍醐味となる。

現実世界の事件における犯人の呼称[編集]

犯人による犯行予告や犯行声明から
草加次郎」、「ウルトラ山田」、「東アジア反日武装戦線」、「かい人21面相」、「赤報隊」、「墨子」、「酒鬼薔薇聖斗」、「てるくはのる」、「ネオむぎ茶
メディア等の呼称
火曜日の放火魔」、「赤いフェアレディZの女」、「水曜日の絞殺魔」、「レッサーパンダ帽男

など

隠語[編集]

警察の間では、犯人の事を「ホシ」という隠語で呼ぶことがある。関西では「ホシ」という呼称はあまり使われず、犯人の事を「太夫さん(だゆうさん)」と呼ぶ事が多い。[独自研究?]

関連項目[編集]