狂気の愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
狂気の愛
L'Amour Braque
監督 アンジェイ・ズラウスキー
脚本 アンジェイ・ズラウスキー
エチエンヌ・ローダ=ジル (Etienne Roda-Gil)
原作 フョードル・ドストエフスキー
白痴
製作 アントワーヌ・ガナージュ (Antoine Gannage)
アラン・サルデ (Alain Sarde)
出演者 ソフィー・マルソー
音楽 スタニスラス・サイレウィック (fr)
撮影 ジャン・フランソワ・ロバン (Jean-François Robin)
編集 マリー・ソフィー・デュビュ (Marie-Sophie Dubus)
製作会社 Sara Films
配給 フランスの旗 Tamasa Distribution
日本の旗 シネセゾン
公開 フランスの旗 1985年2月27日
日本の旗 1987年11月28日
上映時間 101分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

狂気の愛』(きょうきのあい、L'Amour Braque)は、1985年製作のフランス映画ドストエフスキーの『白痴』をもとに、大胆な解釈で映画化した。

概説[編集]

ドストエフスキー白痴 を原作にするも、内容は大幅に変えてある。愛する女を手に入れるために暴力抗争を行い、自ら破滅の道を進む若者たちの姿をグロテスクかつ難解で、エキセントリックなサスペンスアクションの中に変態的な演出をねじ込めて描くノワールバイオレンススリラーソフィー・マルソーが大胆なヌードを見せたことでも話題になった[要出典]。なお、 チェッキー・カリョは類似の作品では1997年カナダフランス合作の劇場未公開の「トランス/TRANS」に出演している。但し役柄的には正反対のマゾ的な男を演じている。

1985年マドリッド映画祭において、ソフィー・マルソーが主演女優賞を受賞した[1]

ストーリー[編集]

ミッキー達は動物のお面を付けて銀行を襲撃し、現金を奪って逃走するがそこへギャングの情婦マリーに出会う。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 狂気の愛”. KINENOTE. 2013年4月20日閲覧。

関連項目[編集]