狐島吉次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
狐島吉次
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 不明
官位 左衛門大夫
主君 織田信長
氏族 狐島氏

狐島 吉次(きつねじま よしつぐ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将雑賀衆の一人。島本左衛門大夫と同一人物説がある。

略歴[編集]

雑賀衆の一人で、雑賀水軍を率いた頭目。天正5年(1577年)3月、鈴木孫一と共に織田信長に抵抗するが降伏する。しかし、完全に降伏したわけではなく、引き続き本願寺に助力していた。

顕如教如の織田家への降伏を巡る対立では、吉次は教如を支持する。だが、孫一による教如派の土橋守重の謀殺や、教如が石山へ退去したことによって、織田家に降伏することとなった。

脚注[編集]