狩谷エキ斎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「狩谷棭斎」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
肖像画

狩谷 棭斎(かりや・えきさい、安永4年12月1日1775年12月23日) - 天保6年閏7月4日1835年8月27日)は江戸時代後期の考証学者(今日の書誌学文献学)である。名は望之、字は卿雲、通称は津軽屋三右衛門(11代目)、別号を求古楼。戒名は常関院実事求是居士。

事績[編集]

江戸の下谷池之端仲町に生まれる[1]。父は書籍商・高橋高敏[1]。25歳で従祖弟・狩谷保古の養子となる。津軽藩御用達という富裕な町人身分にして、幼少時から学問を好み、1794年ころから屋代弘賢に師事し和漢の学を授けられた。

青年期は古代日本文化の考証につとめ、やがて漢籍善本の蒐集と校閲にすすみ、書誌学方面に非凡な見識を示す。考古遺品の収蔵と、金石文・古銭の研究を行う。「説文」について、もっとも親交のあった松崎慊堂山梨稲川らと共同で討究した。「度量衡」については、1790年以来、西遊(近畿方面への旅行)を10回近く行い、1832年には正倉院御物の諸尺拝観を実施、実物主義に徹した。「和名」についても松崎慊堂と研究会を重ね、比較考証に精細を極めた。晩年は浅草の住居を「実事求是書屋」と称した。墓は江戸下谷の天竜寺にあったが、巣鴨の法福寺に遷されている。

晩年の森鴎外が、史伝(『澁江抽齋』、『伊澤蘭軒』、『北条霞亭』の続編)の著述を意図し、資料を集めたが公務と病で果たせなかった。

著作[編集]

  • 『本朝度量権衡攷』 
  • 『倭名類聚抄箋注』
  • 『日本霊異記攷証』
  • 『扶桑略記校證』
  • 『古京遺文』
  • 『上宮聖徳法皇帝説証註』
  • 『京游筆記』
  • 『日本現在書目證注稿』

刊行文献[編集]

覆刻(6冊刊)、現代思潮社、1978年、オンデマンド版・現代思潮新社、2008年

脚注[編集]

  1. ^ a b 狩谷棭斎 コトバンク 2018年7月15日閲覧。