狩野尚信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三十六歌仙額』のうち「平兼盛金刀比羅宮蔵、探幽・安信との共作。書は滋野井季吉。慶安元年(1646年松平頼重が奉納。

狩野 尚信(かのう なおのぶ、慶長12年10月6日1607年11月25日) - 慶安3年4月7日1650年5月7日))は江戸時代初期の狩野派絵師狩野孝信の次男で、狩野探幽の弟、狩野安信の兄。子に狩野常信がいる。通称は主馬、自適斎と号した。

略歴[編集]

慶長12年(1607年)京都に生まれる。元和元年(1623年徳川家光上洛の際、17歳でお目見えし、家光から絵事を申しつけられた。元和4年(1618年)父・孝信が亡くなると、5歳年長の探幽は既に別家したため、尚信が父の跡を継ぐことになる。

兄探幽に続き、寛永7年(1630年江戸に召され、竹川町に屋敷を拝領し、幕府の御用絵師となる。同族の狩野甚之丞の娘と婚姻し、息子・常信が生まれる。探幽の画風を素早く習得し、二条城聖衆来迎寺知恩院障壁画の制作では兄と共に参加し、その画業を補佐した。

私生活においては、ふらりと京都に旅行に出て小堀遠州を訪ねたり、実際は病死したと伝えられるが、失踪して中国に行こうとした、あるいは魚釣りに出かけて溺死したという逸話が作られるなど、飄々と生きた趣味の自由人といった人柄を伝えている。

弟子は多くなかったとされ、子の常信を除くと、林作之丞信春、狩野徳入信吉、平戸松浦藩御用絵師・片山尚景の3名のみが挙げられている(『古画備考』)。

作風[編集]

探幽の画風に多くを学びつつも、そこから一歩踏み出し、探幽以上に湿潤な墨調をもち、次男という自由な立場故か、余白や構図にも探幽を超える大胆さを垣間見せる作品が残っている。大和絵の白描技法を水墨画の人物描写に応用し、漢画の和様化に寄与した。近衛家熙は『槐記』のなかで、古今に超絶したものだと高く評価している。一方、金碧障壁画の着色作品は、対象を単純化しようとする傾向が見られ、探幽が金碧画の中にも和様化を目指したのに対し、尚信は装飾化へ向かおうとしたと伝えられる。ただし、尚信の代表作には障壁画以外に濃彩画が残っておらず、尚信は着色金碧画には余り興味を持たなかったとされる。

探幽の弟子・木村探元著の『三暁庵雑志』では、「探幽絵などとは違い、別て筆ずくなに書し画にて候」と評し、不出来な作品は破り捨てていたため寡作だったという。現存する尚信の作品は多くはないが、江戸時代には探幽と同程度の人気があった。反面、作品数は少ないため、しばしば贋作が作られるほどだった。

代表作[編集]

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 落款・印章 備考
知恩院障壁画 尚信の担当は、大方丈の上段の間「山水人物図」5面、中段の間「仙人図」5面、鶴の間「松鶴図」16面、松の間「松鶴図」14面、梅の間「梅雉子図」4面、仏の間「蓮華図」1面。小方丈の上段の間 「山水図」18面、雪中山水の間「雪中山水図」13面。当時、探幽は大徳寺本坊大方丈の制作に集中しており、尚信が知恩院障壁画の総指揮を執った。名古屋城障壁画と図様・構図共に類似する作品が多い。遺品の少ない尚信の作品をまとめて鑑賞できる点で希少である。
金地院障壁画 古畫備考の宮殿筆者の篠によると、菊乃間と仏前之間の仙人図とは探幽、鶴之間の群鶴図と上段之間の松梅図とは尚信の筆
大原御幸・富士見西行図屏風 紙本淡彩 六曲一双 155.8x363.4(各) 板橋区立美術館 「主馬」朱文重郭方印
西湖図屏風 紙本墨画淡彩 六曲一双 152.8x347.6(各) 静岡県立美術館
山水花鳥図屏風 紙本墨画 六曲一双 根津美術館 落款「尚信」/「狩野」朱文長方印・「主馬」朱文重郭方印・印文不明朱文鼎印
瀟湘八景図屏風 紙本墨画 六曲一双 155.4x346.6(各) 東京国立博物館
剡渓訪戴図・李白観瀑図 六曲一双 筑波大学附属図書館
竜虎図屏風 紙本墨画金砂子 六曲一双 157.8x351.2(各) 栃木県立美術館 款記「自適斎筆」
花鳥図屏風 金地着彩 六曲一双 個人
中国故事人物図屏風 紙本墨画淡彩 六曲一双 個人
四季山水図屏風 紙本墨画淡彩 六曲一双 個人
虎図 紙本墨画 六曲一隻 ウースター美術館 探幽筆「龍図」と対。
武州州学十二景図巻 江戸東京博物館
松図襖 紙本金地着色 襖4面 173.1x89.3(各) 鍋島報效会
山水漁舟図襖 紙本墨画 襖4面 171.4x92.0(各) 鳥取県立博物館[1]
池田恒興 1幅 81.0x37.0 鳥取県立博物館 1636-50年 款記「自適斎筆」/「主馬」朱文重郭方印 鳥取県指定文化財[2]雲居希膺[3]
池田輝政利隆 2幅対 80.7x36.8(各) 林原美術館 1636-50年 款記「自適斎筆」/「主馬」朱文重郭方印 雲居希膺賛。本来は上記の池田恒興像と一具で、脇幅に当たる[3]
黒馬図絵馬 1面 春日神社丹波篠山市黒岡)絵馬堂 1649年(慶安2年)奉納 丹波篠山市指定文化財。篠山藩松平忠国明石藩転封した際に奉納した絵馬。その雄渾な姿から、黒馬が絵から抜けだし畑の豆を食い荒らしたという伝説を産んだ。
Winter Scene with Plum Trees and Pheasants, 紙本墨画淡彩 六曲一双 170.2x369.4(各) クリーブランド美術館
Birds in Landscape(右隻左隻 紙本著色 六曲一双 149.23x365.44(各) ミネアポリス美術館 款記「自適斎筆」
禁苑郭公図屏風 紙本墨画金泥 六曲一双 現在所在不明

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鳥取県立博物館編集・発行 『鳥取県立博物館所蔵美術品目録《石谷コレクション編》』 2007年3月、p.24。
  2. ^ 池田恒興像(狩野尚信筆) _とっとり文化財ナビ _とりネット _鳥取県公式ホームページ
  3. ^ a b 「池田光政展」実行委員会編集・発行 『鳥取入府400年 池田光政展 ―殿、国替えにごさいます―』 2017年10月7日、第28,29図。

参考資料[編集]

  • 山下裕二監修 安村敏信・山本英男・山下善也執筆 『別冊太陽 狩野派決定版』 平凡社、2004年 ISBN 978-4-5829-2131-1
  • 安村敏信『もっと知りたい狩野派 探幽と江戸狩野派』東京美術、2006年 ISBN 978-4-8087-0815-3
  • 佐々木英理子 野田麻美企画・編集 『「探幽3兄弟─狩野探幽・尚信・安信─」展図録』 板橋区立美術館・群馬県立近代美術館ほか発行、2014年2月