狩野智也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
狩野智也
Tomoya Kano
Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
本名 狩野智也
かのう ともや
愛称 カノさん
生年月日 (1973-07-14) 1973年7月14日(46歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 173cm
体重 65kg
チーム情報
所属 マトリックス・パワータグ
分野 ロードレース
役割 選手
特徴 クライマー
アマ所属チーム
1989-1991
1992-1995
前橋育英高校
法政大学
プロ所属チーム
1996
1997
1998
1999-2009
2005
2006-2008
2010-2011
2012-2014
2015-2018
2019-
YCST
日本舗道レーシングチーム
YCST
シマノレーシング
シマノ・メモリーコープ
スキル・シマノ
チームブリヂストン・アンカー
チームUKYO
群馬グリフィン
マトリックス・パワータグ
グランツール最高成績
主要レース勝利
2007 ツアーオブジャパン 個人総合7位
2007 ツアーオブイーストジャワ 個人総合7位
2007 J-Tour #12富士山国際HC 優勝
2007 J-Tour 総合2位
2008 J-Tour #2全日本実業団ITT 優勝
2008 J-Tour #3富士山国際HC 優勝
2008 J-Tour #6石川 優勝
2008 J-Tour 総合優勝
2009 J-Tour #3 全日本実業団ITT 優勝
2009 J-Tour #6石川 優勝
2009 J-Tour #12輪島 2位
2009 J-Tour 総合4位
最終更新日
2018年12月10日

狩野 智也(かのう ともや、1973年7月14日 - )は、群馬県出身の自転車プロロードレース選手である。日本ロードレース界でも屈指の実力派クライマー。山岳コースではチームのエースとなる。2019年現在はマトリックス・パワータグに所属。

経歴[編集]

  • 法政大学所属時には、インカレのポイントレースやチャレンジロードで優勝、4年次には大門宏のコーディネートでミルクラスやツール・ド・チャイナなどに出場する。
  • 大学卒業後は大門が監督を務めている日本舗道レーシングチーム(現チームNIPPO)に加入、欧州のレースを転戦する。

主な戦績[編集]

1991年
全国高校選抜ロード個人[3]、団体優勝[4]
インターハイ ポイントレース優勝[5]
1992年
インカレ ポイントレース優勝
1994年
トラックワールドカップ日本代表
チャレンジサイクルロードレース大会 A-1クラス 優勝[6]
1996年
全日本アマチュア選手権ポイントレース優勝
世界選手権トラックポイントレース9位
1997
全日本アマチュア選手権ポイントレース優勝
ワールドカップアデレード大会トラックポイントレース6位
アジア選手権トラックポイントレース3位
世界選手権トラックポイントレース12位
1998
全日本アマチュア選手権ポイントレース優勝
全日本選手権トラックポイントレース優勝
アジア大会トラックポイントレース5位
ワールドカップトラックポイントレース カリ大会12位、バンクーバー大会10位
世界選手権トラックポイントレース12位
1999年
全日本実業団栂池高原ヒルクライム優勝
全日本選手権個人ロード・タイムトライアル3位
2000年
ツアー・オブ・ジャパン東京ステージ3位
全日本選手権個人ロード・タイムトライアル3位
2001年
2001年日本ランキング ロードレース男子エリート2位、ポイントレース男子エリート14位[7]
第26回チャレンジサイクルロードレース大会2位[8]
3DAY CYCLE ROAD熊野 個人総合9位[9]
第6回西日本チャレンジサイクルロードレース6位[10]
第6回ツアーオブジャパン個人総合時間7位、個人スプリント賞4位[11]
第4回全日本自転車競技選手権トラックレース 男子40kmポイントレース3位[12]
全日本選手権ロードレース男子エリート3位[13]
世界選手権ロードレース3位[14]
アジア選手権個人タイムトライアル4位、個人ロードレース24位[15]
ツールドチャイナ個人総合13位、団体総合5位[16]
全日本実業団サイクルロードレースin丸岡(BR-1)9位[17]
ツール・ド・北海道 個人総合2位[18]
2002年
2002年日本ランキング ロードレース男子エリート3位[19]
ツール・ド・ランカウィ個人44位、アジア個人総合5位[20]
第2回チャレンジサイクルロードレース大会3位[21]
2002西日本チャレンジ・サイクル・ロードレース優勝[22]
ツール・ド・タスマニア個人総合12位[23]
第7回ツアーオブジャパン男子エリート個人タイムトライアル10位[24]
第36回西日本実業団サイクルロードレース(BR-1)3位[25]
第6回全日本実業団個人タイムトライアル選手権優勝[26]
第6回全日本選手権ロードレース8位[27]
2002年全日本選手権個人タイムトライアル大潟大会男子エリート2位[28]
ツールドチャイナ個人総合30位[29]
第36回西日本実業団自転車競技大会4km個人追抜2位、ポイントレース2位、4km団体追抜2位[30]
第36回全日本実業団対抗サイクルロードレース個人(BR-1)2位、団体総合優勝[31]
第19回シマノ鈴鹿国際ロードレース10位[32]
群馬カップサイクルロードレース4位[33]
全日本実業団サイクルロードレースin丸岡(BR-1)10位[34]
イーグル・ツアー・オブ・マレーシア2002 7位[35]
ツール・ド・北海道個人総合2位、山岳賞[36]
ツール・ド・おきなわ2002 5位[37]
全日本実業団ロードレースin石川(BR-1)8位[38]
アジア選手権ロード10位
ツール・ド・韓国総合2位
アジア選手権個人タイムトライアル4位
2003年
ツール・ド・ランカウィ 個人総合17位、アジア個人総合1位[39]
第8回西日本チャレンジ・サイクル・ロードレース2位[40]
第5回3DAY CYCLE ROAD 熊野 ステージ優勝、個人総合5位、山岳賞[41]
第37回東日本実業団サイクルロードレース大会(BR-1)2位[42]
第6回全日本選手権ロードレース5位[43]
第37回西日本実業団サイクルロードレース(BR-1)2位[44]
アジア選手権ロードレース(日本代表) 18位[45]
シマノ”スズカ”国際ロード6位[46]
2003全日本実業団サイクルロードレースin丸岡6位[47]
ツール・ド・北海道個人総合2位[48]
第3回全日本実業団クリテリウムin神戸(BR-1)8位[49]
2003ツールドチャイナ個人総合15位[50]
2004年
ツール・ド・ランカウィ 日本代表[51]
アジア選手権ロードタイムトライアル9位[52]
全日本選手権6位[53]
第29回チャレンジサイクルロードレース大会2位[54]
第5回3DAY CYCLE ROAD 熊野 個人総合3位、団体総合優勝(シマノレーシング)[55]
第8回ツアーオブジャパン個人総合時間5位[56]
第38回全日本実業団対抗ロードレース(BR-1)7位、団体総合優勝(シマノレーシング)[57]
全日本実業団サイクルロードレースin石川(BR-1)優勝[58]
第1回全日本実業団サイクルロードレースin小川(BR-1)優勝[59]
2004全日本実業団クリテリウムin神戸ポートアイランド(BR-1)7位[60]
Japan Cup10位[61]
第8回全日本実業団クリテリウムinいわき(BR-1)優勝、団体優勝(シマノレーシング)[62]
ツール・ド・おきなわ 9位[63]
第1回富士山国際ヒルクライム優勝
栂池高原ヒルクライム優勝
ツール・ド・台湾総合2位
2005年
ワールドツアー・アムステルゴールドレース(日本人初出場)出場
ヘットフォルク出場
サイクラシックロード出場
ツアー・オブ・ジャパン総合7位
全日本選手権個人ロード・タイムトライアル3位
ツアー・オブ・カタール出場
2006年
ワールドツアー ロンド・ファン・フランデレン(ツール・ド・フランドル)出場
サイクラシック 出場
ツール・ド・オーストリア出場
ツール・ド・熊野総合優勝
ツアー・オブ・ジャパン総合4位
2007年
ツール・ド・ランカウイ総合12位アジアライダー賞2位
全日本選手権個人ロード・タイムトライアル3位
2008年
ジャパンプロツアー総合シリーズチャンピオン
2010年
ジャパンプロツアー栂池高原ヒルクライム優勝[64](コースレコード)
フランス領ツール・ド・マルティニック総合10位
2011年
ジャパンプロツアー富士ヒルクライム優勝
ツール・ド・マルティニック総合6位
ツール・ド・グアルドループ総合10位

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 週間番組表”. まえばしCITYエフエム. 2018年4月18日閲覧。
  2. ^ マンセボ、狩野智也、小森亮平が新加入するマトリックスパワータグ”. シクロワイアード. 2019年4月9日閲覧。
  3. ^ 高校選抜-栄光の記録”. High School Cycling Web Site. 2018年12月9日閲覧。
  4. ^ 高校選抜-栄光の記録”. High School Cycling Web Site. 2018年12月9日閲覧。
  5. ^ インターハイ-栄光の記録”. High School Cycling Web Site. 2018年12月9日閲覧。
  6. ^ 第19回大会”. チャレンジサイクルロードレース大会. 2018年12月9日閲覧。
  7. ^ シクリスムエコーNo.84 2001ランキング特集号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  8. ^ シクリスムエコーNo.76 2001年4・5月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  9. ^ シクリスムエコーNo.76 2001年4・5月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  10. ^ シクリスムエコーNo.76 2001年4・5月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  11. ^ シクリスムエコーNo.77 2001年6月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  12. ^ シクリスムエコーNo.78 2001年7月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  13. ^ シクリスムエコーNo.78 2001年7月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  14. ^ シクリスムエコーNo.78 2001年7月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  15. ^ シクリスムエコーNo.79 2001年8月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  16. ^ シクリスムエコーNo.80 2001年9月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  17. ^ シクリスムエコーNo.80 2001年9月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  18. ^ シクリスムエコーNo.81 2001年10月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  19. ^ シクリスムエコーNo.94 2002ランキング特集号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  20. ^ シクリスムエコーNo.85 2002年3月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  21. ^ シクリスムエコーNo.86 2002年4-5月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  22. ^ シクリスムエコーNo.86 2002年4-5月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  23. ^ シクリスムエコーNo.86 2002年4-5月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  24. ^ シクリスムエコーNo.87 2002年6月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  25. ^ シクリスムエコーNo.87 2002年6月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  26. ^ シクリスムエコーNo.87 2002年6月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  27. ^ シクリスムエコーNo.88 2002年7月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  28. ^ シクリスムエコーNo.88 2002年7月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  29. ^ シクリスムエコーNo.89 2002年8月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  30. ^ シクリスムエコーNo.89 2002年8月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  31. ^ シクリスムエコーNo.90 2002年9月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  32. ^ シクリスムエコーNo.90 2002年9月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  33. ^ シクリスムエコーNo.90 2002年9月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  34. ^ シクリスムエコーNo.90 2002年9月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  35. ^ シクリスムエコーNo.90 2002年9月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  36. ^ シクリスムエコーNo.91 2002年10月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  37. ^ シクリスムエコーNo.92 2002年11月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  38. ^ シクリスムエコーNo.92 2002年11月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月9日閲覧。
  39. ^ シクリスムエコーNo.95 2003年2月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月10日閲覧。
  40. ^ シクリスムエコーNo.96 2003年3月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月10日閲覧。
  41. ^ シクリスムエコーNo.97 2003年4・5月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月10日閲覧。
  42. ^ シクリスムエコーNo.98 2003年6月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月12日閲覧。
  43. ^ シクリスムエコーNo.99 2003年7月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月13日閲覧。
  44. ^ シクリスムエコーNo.100 2003年8月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月13日閲覧。
  45. ^ シクリスムエコーNo.101 2003年9月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月13日閲覧。
  46. ^ シクリスムエコーNo.101 2003年9月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月13日閲覧。
  47. ^ シクリスムエコーNo.101 2003年9月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月13日閲覧。
  48. ^ シクリスムエコーNo.102 2003年10月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月13日閲覧。
  49. ^ シクリスムエコーNo.102 2003年10月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月13日閲覧。
  50. ^ シクリスムエコーNo.103 2003年11月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月13日閲覧。
  51. ^ シクリスムエコーNo.105 2004年2月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月13日閲覧。
  52. ^ シクリスムエコーNo.107 2004年4・5月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月13日閲覧。
  53. ^ シクリスムエコーNo.107 2004年4・5月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月13日閲覧。
  54. ^ シクリスムエコーNo.107 2004年4・5月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月13日閲覧。
  55. ^ シクリスムエコーNo.107 2004年4・5月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月13日閲覧。
  56. ^ シクリスムエコーNo.108 2004年6月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月13日閲覧。
  57. ^ シクリスムエコーNo.111 2004年9月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月13日閲覧。
  58. ^ シクリスムエコーNo.112 2004年10月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月13日閲覧。
  59. ^ シクリスムエコーNo.112 2004年10月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月13日閲覧。
  60. ^ シクリスムエコーNo.112 2004年10月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月13日閲覧。
  61. ^ シクリスムエコーNo.113 2004年11月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月13日閲覧。
  62. ^ シクリスムエコーNo.113 2004年11月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月13日閲覧。
  63. ^ シクリスムエコーNo.114 2004年12月号”. 日本自転車競技連盟. 2018年12月13日閲覧。
  64. ^ Jサイクルツアー2010第7戦個人タイムトライアル選手権大会”. シクロワイアード. 2018年12月9日閲覧。