狩野永悳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

狩野 永悳(かのう えいとく、文化11年12月15日1815年1月24日) - 明治24年(1891年1月29日)は幕末から明治期の狩野派絵師日本画家安土桃山時代を代表する絵師・狩野永徳と同じ読みであるが、無論別人である。狩野栄信の六男。兄に木挽町を継いだ長兄狩野養信、朝岡氏に養子入りし『古画備考』を著した次兄朝岡興禎、浜町狩野家を継いだ五兄狩野董川中信がいる。

略伝[編集]

江戸木挽町に生まれる。本名は立信、幼名は熊五郎、晴雲斎とも号した。狩野宗家中橋狩野家・狩野祐清邦信の養子となり、後に宗家中橋家第15代となった。嘉永元年(1848年)幕府御用絵師となり、安政4年(1857年法橋、翌年法眼に除す。徳川家斉から徳川家茂までの4代の将軍に仕え、弘化年間の江戸城本丸御殿再建における障壁画制作[1]など、幕府御用を多く手がけた。

明治維新後も皇居造営の際に、皇后宮御殿御杉戸や小襖に多くの作品を描く。明治11年(1878年)に来日し日本美術の研究を始めたアーネスト・フェノロサに、古画の研究と鑑定法を教授する。甥の狩野友信と連書で、フェノロサに一代狩野姓を許し「狩野永探理信」の名を与えるなど、日本における美術史学の形成にも間接的に寄与した。明治17年(1884年)の第二回内国絵画共進会には審査員として「虎渓三笑図」を出品、銀賞を受ける。鑑画会には古画の鑑定委員として設立当初から参加しているが、フェノロサの関心が新画工の育成に移ると次第に離れていく。明治20年(1887年)明治宮殿杉戸絵を揮毫し、同22年(1889年)臨時全国宝物取調局臨時鑑査掛となる。明治23年(1890年)10月2日帝室技芸員となり[2]、「狩野家鑑定法ニ就テ」(『国華』12号)を著したが、翌年77歳で亡くなった。戒名は永悳院殿晴雪斎立信日善大居士。墓所は池上本門寺

弟子に、一時は養子となった武内桂舟、同じく養子となり中橋狩野家16代当主を継いだ狩野忠信、鑑画会の中心画家として活躍した小林永濯、田中(狩野)永雲。また、川辺御楯も最初永悳に学び、河鍋暁斎は晩年狩野派を継承するため、永悳に入門し直している。

代表作[編集]

作品名 技法 形状・員数 所有者 年代 落款・印章 備考
四季山水図(右幅中幅左幅 絹本墨画金泥引 3幅対 ボストン美術館 1849年(嘉永2年)
武者図屏風(右隻左隻)) 紙本金地著色 六曲一双 ライデン国立民族学博物館 1856年(安政3年) オランダから贈られた軍艦・観光丸の返礼として、オランダ国王ウィレム3世に贈呈した屏風10双のうちの1つ。右隻は後三年の役において鳥海弥三郎に右眼を射られた鎌倉景正が、直ちに弥三郎を追う場面。左隻は『平家物語待賢門の軍で、八町次郎に熊手を引っ掛けられた平頼盛がこれを切り落とした場面[3]
風俗・物語・花鳥図画帖 絹本著色 2帖100図のうち上帖15図 ウィーン美術史美術館 1869年10月(明治2年9月)頃 住吉弘賢、服部雪斎松本楓湖歌川広重 (3代目)豊原国周と合作。本画帖は日墺修好通商航海条約締結の際、返礼として明治天皇からオーストリア=ハンガリー帝国皇帝・フランツ・ヨーゼフ1世に贈られた贈り物の一つ。永悳は上帖冒頭の15図を担当し、「彦根屏風」に倣った双六図など日本の風俗を描いている。なお画帖の予算は、2冊で400両ほどだった[4]
四季花籠図 杉板地著色 2面 宮内庁 1888年(明治21年)
画帖 絹本 32点 パリ市立チュルヌスキ美術館

脚注[編集]

  1. ^ 国立公文書館に下絵[1]が残っている。
  2. ^ 『官報』第2191号、明治23年10月16日。
  3. ^ 榊原悟監修 サントリー美術館 大阪市立美術館 日本経済新聞社 『BIOMBO 屏風 日本の美』 日本経済新聞社、2007年、pp.207-209、264。
  4. ^ 千足伸行監修 国立新美術館 京都国立博物館 読売新聞社東京本社編集 『THE ハプスブルク』 読売新聞社東京本社、2009年、図版114、pp.232-236。

参考資料[編集]