狩野長信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
花下遊楽図(一双のうち左隻) 東京国立博物館 国宝
花下遊楽図(一双のうち右隻)中央2扇は修理中に関東大震災に遭い焼失

狩野 長信(かのう ながのぶ、天正5年(1577年) - 承応3年11月18日1654年12月26日))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけて活躍した狩野派絵師江戸幕府御用絵師の一つ表絵師・御徒町狩野家などの祖。初め源七郎、あるいは左衛門と称す。号は休伯[1]。桃山時代の風俗画の傑作『花下遊楽図屏風』の作者として知られる。

略伝[編集]

狩野松栄の四男として生まれる。兄に狩野永徳宗秀など。松栄晩年に生まれたため、血縁上は甥に当たる狩野光信孝信より年下である。幼少の頃から父松栄や兄永徳から絵を習ったと推測される。両者が相次いで亡くなると次兄宗秀についたと思われるが、宗秀も慶長6年(1601年)に没すると、光信に従いその影響を受ける。さらに、長谷川等伯長谷川派からの感化を指摘する意見もある。一時、本郷家に養子に出たが、後に狩野家に戻りその家系は庶子となった[1]

慶長年間(1596-1615年京都徳川家康に拝謁、次いで駿府に下り、その御用絵師となった。狩野家で江戸幕府に奉仕したのは長信が最初だという[1][2]。慶長10年(1605年)頃徳川秀忠と共に江戸へ赴き、14人扶持を受ける[1]。慶長13年(1608年)光信が亡くなると、狩野探幽の側で狩野派一門の長老格として後見した。寛永期には、二条城二の丸御殿・行幸御殿・本丸御殿の障壁画制作に参加[3]台徳院霊廟画事に従事[4]日光東照宮遷宮に伴う彩色にも加わる[5]など第一線で活躍し、寛永2年(1625年法橋に叙される[2]。墓所は江戸谷中の信行寺。

主な作品は下記のとおりであるが、二条城二の丸御殿白書院障壁画を、従来は狩野興以筆とされたが、近年は画風や狩野派内の序列から長信とする説が有力である[6]。また、作者不明の『相応寺屏風[1]』、『伝本多平八郎姿絵屏風[2]』(共に徳川美術館蔵、重文)、『彦根屏風』(彦根城博物館蔵、国宝)を『花下遊楽図屏風』と比較し、狩野派正系に連なる高い画技や表現力、全て遊郭が主題、毛髪への異常なほど執着的な描写、道具類の破綻なく細部に及ぶ精緻さ、顔貌が酷似する横向きのおかっぱ髪の禿が全てに登場する、などの理由から長信筆とする説がある[7]

代表作[編集]

作品名 技法 形状・員数 所有者 年代 落款・印章 備考
勧学院客殿二之間花鳥図 紙本著色 襖24面 園城寺 1600年(慶長5年) 重要文化財。孝信筆とする説もある。
桜・桃・海棠図屏風 紙本金地著色 八曲一隻 出光美術館 1608年(慶長13年)以前(慶長年間後半)
玄宗皇帝・楊貴妃図屏風 紙本金地著色 六曲一隻 ミネアポリス美術館所蔵(クラーク日本美術・文化研究センター旧蔵) 1608年(慶長13年)以前(慶長年間後半) 伝狩野長信
名古屋城二之丸御殿玄関一之間障壁画「竹林群虎図」 紙本金地著色 襖4面、障子腰4面 名古屋市 1614年(慶長19年) 重要文化財。他に床(とこ)貼付4面、床脇貼付6面、壁貼付3面があったが戦災で焼失。
花下遊楽図屏風 紙本著色 六曲一双 東京国立博物館 慶長年間末から元和年間 国宝
歌舞伎・花鳥図屏風 出光美術館
龐居士霊昭女像 2幅 アルカンシェール美術財団
三十六歌仙図額 36面の内10面 世良田東照宮 1643-44年寛永20-21年)
釈迦四面像厨子扉絵のうち「白衣観音像」「普賢菩薩像」「勢至菩薩像」「文殊菩薩像」 4面 安養院 1649年慶安2年) 探幽や安信、昌信らとの合作

長信の画系[編集]

長信の長男・休白昌信(1621-88年)が下谷御徒町家を継ぎ、三男・休円清信(1627-1703年)が麻布一本松家を別家し(次男・数馬征信は早世)、両家とも表絵師として江戸時代を通じて存続。同じく表絵師の本所緑町家は、長信門人の作太夫長盛の家系とされるが、下谷御徒町家の分家とも言われる。別の弟子・勝田竹翁も勝田家を立てるが、孫の代以降は消滅した。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 古画備考
  2. ^ a b 長信の子孫が著した『玉栄由緒書』『玉燕由緒書』
  3. ^ 「二条城御城行幸之御殿絵付御指図」
  4. ^ 「霊廟本殿床下石刻銘」
  5. ^ 徳川実紀
  6. ^ 小嵜善通 「二の丸御殿白書院障壁畫の筆者について」(『國華』1300号、2004年)
  7. ^ 黒田泰三 「相応寺屏風の筆者について」(九州藝術学会編 『デ アルテ』6号、西日本文化協会、1990年)、同「彦根屏風の画家狩野長信の可能性」(佐藤康宏編 『講座日本美術史 第一巻 物から言葉へ』 東京大学出版会、2005年 ISBN 978-4-13-084081-1。共に黒田(2007)に再録)。ただし、佐藤康宏はこの見解に否定的である(『講座日本美術史 第一巻 物から言葉へ』序文)。また、小野真由美も制作時期が近いと考えられる「釈迦四面像厨子扉絵」と「彦根屏風」を比較し、共通する図様を認めつつも絵の描き方や、長信画に特徴的な左右の眼の位置ズレがない点などから、慎重な姿勢を示している(小野(2012))。

参考資料[編集]

  • 黒田泰三 「狩野長信の画業について」(『出光美術館研究紀要』11号、2005年)
  • 安村敏信 『もっと知りたい狩野派 探幽と江戸狩野派』 東京美術、2006年 ISBN 978-4-8087-0815-3
  • 黒田泰三 『狩野光信の時代』 中央公論美術出版、2007年 ISBN 978-4-8055-0551-9
  • 小野真由美 「狩野長信の一側面 ―釈迦四面像厨子扉絵をめぐって―」(『國華』 第1399号第117編第10冊、2012年5月、所収)ISBN 978-4-0229-1399-9

関連項目[編集]