独立行政法人郵便貯金簡易生命保険管理・郵便局ネットワーク支援機構法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
独立行政法人郵便貯金簡易生命保険管理・郵便局ネットワーク支援機構法
日本国政府国章(準)
日本の法令
法令番号 平成17年10月21日法律第101号
効力 現行法
種類 行政組織法
主な内容 独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構の名称、目的、業務の範囲等に関する事項
関連法令 独立行政法人通則法など
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

独立行政法人郵便貯金簡易生命保険管理・郵便局ネットワーク支援機構法(どくりつぎょうせいほうじんゆうびんちょきん・かんいせいめいほけんかんりきこうほう)は、独立行政法人郵便貯金簡易生命保険管理・郵便局ネットワーク支援機構に関する個別法である。

制定時点の題名は、「独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構法」であったが、独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構法の一部を改正する法律(平成30年6月8日法律第41号)により、法人の業務に郵便局ネットワーク支援が、追加されることに伴い2019年4月1日に改題された。

日本郵政公社から承継した郵便貯金及び簡易生命保険を適正かつ確実に管理し、これらに係る債務を確実に履行することにより、郵政民営化に資するとともに、郵便局ネットワークの維持の支援のための交付金を交付することにより、郵政事業(法律の規定により、郵便局において行うものとされ、及び郵便局を活用して行うことができるものとされる事業をいう。)に係る基本的な役務の提供の確保を図り、もって利用者の利便の確保及び国民生活の安定に寄与することを目的とする。としている。(第三条)

事務所を東京都に置き、役員として、その長である理事長及び監事2人を置き、役員として、理事2人を置く。理事長の任期は4年とし、理事及び監事の任期は2年とする。(第四条、第六条、第八条)

関連項目[編集]