猛獣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
猛獣の一種、ライオン

猛獣(もうじゅう)とは、大型で獰猛な、基本的には捕食性の肉食哺乳類のことである。ライオントラオオカミクマなどが代表的である。

「獣」とは(ヒト以外の)哺乳類ということであるが、場合によってはワニコモドオオトカゲ、大きなヘビといった爬虫類を含めることもある[1] (ただし鳥類を含めることはほとんどなく、かわりに猛禽という語がある)。

「獰猛」「大型」というのは曖昧だが、その大きな体躯や強い力などによって人間に危害を加える恐れのあるということであり、そのような獣であれば肉食獣に限らず、草食動物ゾウウシカバサイなど)や雑食性動物(クマイノシシなど)に対してもこの語が使われることもある。特にスポーツハンティングや見世物では見た目が重要であり、怒らせたり不安がらせたりしないかぎり危険のない大型草食獣に対しても使われることもある(あった)。また逆に、肉食であっても、キツネイタチのような小型獣や、毒のような特殊な機能で害を与えるハブなどの毒蛇は猛獣とは言わない。

出典[編集]

  1. ^ 小原秀雄『猛獣もし戦わば』 ISBN 4331651878 ではサイ、ゾウ、スイギュウといった草食獣、ワニ、大蛇といった爬虫類、マッコウクジラ、セイウチといった海獣も扱っている。

関連項目[編集]