猛虎キャンプリポート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

猛虎キャンプリポート(もうこキャンプリポート)は、スカイ・Aで放送されている、プロ野球キャンプ情報番組である。

正式名称は「猛虎キャンプリポート(西暦)」で、西暦の4桁の数字は一文字ずつに分けて発音。また「0」は「まる」と発音する。(例:2019→「にまるいちきゅう」)


概要[編集]

1999年に「野村阪神はおまかせ!猛虎キャンプリポート」[1]として放送を開始し、毎年2月のプロ野球キャンプ期間中、阪神タイガースのキャンプの様子を、沖縄県かりゆしホテルズボールパーク宜野座高知県安芸タイガース球場(2011年まで)から連日生中継を行っている。ただし放送開始から数年間は、当日夜の録画放送で、生中継となったのは宜野座キャンプが始まった2003年以降である。(なお安芸キャンプの生中継は、2006年から2011年までと、秋季キャンプの2015年以降。)番組ではキャンプを行う自治体(沖縄県・宜野座村・高知県・安芸市他)の全面的な協力・協賛を得ており、エンディングロールクレジットにも表記されている。

基本的な放送時間は4時間半から5時間程度で、現在は主として午前11時頃から午後3時半頃までの生放送。また宜野座での練習試合も完全生中継される。(かつては相手チームのキャンプ地に乗り込んで放送することもあった。)また練習内容によっては延長・短縮される場合がある。

2015年度までは午前の「前編」と午後の「後編」の2部構成(ただし練習試合中継である場合、後編の時間が拡大される場合もある)だったが、2016年からは明確な前後編とはせず通し放送となった。ただし練習試合が開催され、放送権の都合でその練習試合が生中継できない場合には「前編・後編」を取ったことはあった[2]。司会・進行アナウンサーについては従前通り午前の部・午後の部の入れ替え制である[3]

キャンプ休日の場合、「猛虎キャンプ外伝」として、生放送できなかったランチタイム特訓の様子を1時間に編集したものが放送された年もある。

また派生編として、2015年から秋季安芸キャンプを取り上げた「秋の安芸編」が放送されている他、キャンプ期間中は随時二軍の安芸キャンプについてもレポートを入れ、放映権の都合で練習試合・オープン戦が放送できない場合、その二軍キャンプの中継をしたこともある。

解説[編集]

朝日放送専属解説者[編集]

サンテレビジョン専属解説者[編集]

朝日放送・サンテレビ兼任解説者[編集]

スカイ・A専属解説者[編集]

その他解説者[編集]

  • 岡田彰布(フリーとしてABC・サンテレビへ出演)

アナウンサー[編集]

通常の中継時は「進行」、練習試合中継時は「実況」とクレジットされる。

朝日放送アナウンサー[編集]

サンテレビジョンアナウンサー[編集]

2015年より参加

リポーター[編集]

ともにTigers-aiディレクター

テーマ曲[編集]

※2017年秋季 - 2018年は、テーマ曲は無く、スカイA スタジアムの「A Gameworth watching」 がBGMとして使われていた。

なお2018年春季では、放送開始20回を記念して、「虎鳴曲」「Fly 〜風が吹き抜けていく〜」「GET UP!~不屈のファイティングマン~」の3曲が放送中に再オンエア。

  • 「スカイA野球中継」のテーマ曲として
    • 2019年:「Let me go my way feat.Daisuke Asakura」TRF

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2010年6月8日初回放映「スカイ・A開局20周年 猛虎スペシャル」より。
  2. ^ 再放送(夜間)あり。但し2016年2月27日2月28日2016年のJリーグ開幕戦中継の都合で夜間にニアライブ。それ以外の土・日・祝日は生放送のみ。
  3. ^ 解説者については原則午後の部のみ参加。
  4. ^ 同年に発売されたアルバム「未来大人宣言」に収録された「奏鳴曲」の歌詞違い。また、2014年発売のベストアルバム「20th ANNIVERSARY BEST III ADULT <2008-2013>」に収録されている。
  5. ^ 元々は「Power of Pain2015」という曲名だった。