猪名川花火大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
猪名川花火大会
池田市より撮影(2018年)
池田市より撮影(2018年)
概要
開催時期 毎年8月18日
初回開催 1949年昭和24年)
会場・場所 猪名川河川敷(池田市川西市
打ち上げ数 4,000発
主催 猪名川花火大会開催委員会
人出 11万6,000人(2017年)
最寄駅 阪急宝塚線池田駅及び川西能勢口駅
JR宝塚線川西池田駅
テンプレートを表示

猪名川花火大会(いながわはなびたいかい)は、大阪府池田市及び兵庫県川西市猪名川流域で開催される花火大会である。

概要[編集]

猪名川を挟み、大阪府池田市兵庫県川西市が協力して毎年8月18日に猪名川河川敷で開催される。例年、約4,000発の花火が打ち上げられる[1]

花火大会の実行主体は、池田市と川西市が共同で設立した猪名川花火大会開催委員会が行っている。

歴史[編集]

猪名川花火大会は、戦後まもない1949年昭和24年)に、猪名川に感謝をささげる水の祭典として数百発の打上げ・早打ち・仕掛け花火を実施したことが起源である。当時の新聞報道によると、京阪神各地からの来場客数は約10万人とされており、その人気ぶりが伺える[2]。2020年度(令和2年度)の第72回大会は、東京オリンピックパラリンピックに多数の警備員が動員され、本花火大会の実施に必要な警備員が確保できないために中止される[3][4]

交通[編集]

池田市エリア
川西市エリア

脚注[編集]

[ヘルプ]

座標: 北緯34度49分14.6秒 東経135度25分02.5秒 / 北緯34.820722度 東経135.417361度 / 34.820722; 135.417361